名古屋 ミュシカ×キノ・イグルー×山本ゆりこさん

f0073974_14491195.jpg

f0073974_14492619.jpg
f0073974_14514862.jpg







土曜日に「ニルスの空へ」展を無事に終え、その足で名古屋へ。
昨日は北欧雑貨のお店 ミュシカさんへお邪魔しました。
ミュシカさんではこの1ヶ月間にわたり、「北欧の森へ」というイベントを開催されていました。
昨日はその最終日。
偶然ですが、ニルスの故郷であるスウェーデンの映画「やかまし村の春夏秋冬」の上映会でした。
この映画をこのイベントのために選び、上映されたのはキノ・イグルーさん。
そしてこの上映会のおやつは菓子研究家でまのやtoitoiという雑貨店のオーナーさんである山本ゆりこさんが担当する、という豪華なイベントでした。
私はずっとキノ・イグルーさんの上映会に行きたいと思っていて、
さらに山本ゆりこさんのファン!
イベントを知った8月、飛び上がるような気持ちで申し込んでいました。

いやー。よかったです。
行ってよかったです。
楽しかったです。
美味しかったです。
キノ・イグルーの有坂さんは物腰がとても落ち着いていて、素敵な男性でした。
とても自然にお話させていただいて、感激でした。
山本さんが作られたお菓子はキャラメルとドーナツ型のペッパルカーコルとハート型のヴァニーリヤッタン。
ヴァニーリヤッタンはこのお菓子のためのハート型がないと作れないお菓子で、今回はミュシカさんが夏の仕入れの折にスウェーデンで見つけてこられた型を使われたのだそうです。
カスタードクリームが入ったほろり、とした口当たりの厚地のクッキーです。
ほんのり塩味がして、美味しかったです。
ペッパルカーコルはスパイスの効いたクッキーでこれまでにも何度か食べたことがあります。
でも実はちょっと苦手でした。
山本さんのペッパルカーコルにはキャラウェイシードが入っているのかな?なにか、爽やかな香りがして好きでした。
キャラメルはもちろん、文句なしに美味!

山本ゆりこさんを知ったのは「チーズケーキの旅」という本ででした。
この本をネットで買ったころ、私は下のコを妊娠中で里帰り出産のために実家にいました。
なんだか毎日が手持ちぶさたで「おもしろい本を読みたいな」と思っていて見つけた一冊。
ヨーロッパ各地のチーズケーキが紹介されていて、文章も写真もレシピも楽しくて楽しくて。
毎日、穴が開くほど眺めました。
「これだけの国を旅している人だから、著者は50歳くらいの人かしら?」と勝手に思ってました。
と、昨年、大好きな雑誌「天然生活」に出ていた山本さんを見てびっくり!
同世代の方でした。
驚きのあまり、「えーーーー!!!!」と叫んだ覚えがあります。
その山本さんに今回、お会いできて、お話できて、その上お手製のお菓子をいただけるなんて。
あまり「誰かのファン」ということのない私、かなり嬉しい体験でした。
(あ。チェリストのヨーヨー・マと俳優の金城武とは、お喋りできたらかなり嬉しいケド。あは。)

ミュシカのご夫妻のあたたかさと有坂さんと山本さんの優しさの溢れる素敵なイベントでした。
さらに、新居のためのランプまで見つけてしまい、一昨年になくした革の手袋の代わりになりそうな赤いグローブまで見つけてしまい、いろいろと嬉しいことでした。
ミュシカさん、素敵なひとときをありがとうございました。

*もうひとつのブログ「アトリエFint,takk!のまいにち」、更新してます。

[PR]
by ayats29 | 2009-09-28 15:20 | イベント
<< 名月や ひさびさに >>