紫竹散策・・・工藝百職・・・かわきた屋

f0073974_6541444.jpg
f0073974_6551478.jpg

この週末は2日続けて紫竹へ行きました。
紫竹は京都の北の方、新大宮商店街のさらに北のあたりです。
(感覚的な説明ですみません・・・。)
土曜日は家族が行きたいという、能絵館へ。
オーナーさんらしき方がお友だちと囲碁をうちながら、応対してくれました。
そのお気楽さと、とっつきにくいイメージの能の世界とのギャップがおもしろいな。

この能絵館のある長屋、お隣もお店でした。
工藝百職
入ってみるととても広い!
そして作品もたくさん~。
のんびり眺めていると、見覚えのある作品が。
なんと、ウチの店にも置かせていただいているkin創作箱さんの作品でした。
嬉しくなってオーナーさんとお話してみると、こちらのお店の前身となったお店は昨秋まで住んでいた東山にあったということが分かり、親近感がさらに高まってしまいました。
職人さんの実演やバターケース、スプーンなどの教室もされているようなので、また伺いたいです。

日曜日はいろいろとドライブ。
「美味しいソーセージを買いに行こう」となり、また紫竹へ。
かわきた屋」というお肉屋さんへ。
ソーセージが美味しいと評判のこちらのお店、以前、閉店間際にお邪魔してコロッケだけ買ったことがあります。
そこで、今回は揚げ物のほか、ソーセージやベーコン、アスピックを選びました。
おじちゃんとのおしゃべりも楽しかった。
画家を目指していた、というおじちゃんの絵のポストカードも頂いちゃいました。
作り手さんとのおしゃべりって本当に楽しい!
昨夜のごはんはかわきた屋さんのお陰でちょっぴり豪華で美味しくなりました。
ちょっとあるだけで、食卓が洋風になったのも楽しい。

紫竹には美味しいお店がたくさんあるみたい。
また開拓しよー。
[PR]
by ayats29 | 2010-03-01 07:14 | おいしいもの
<< 舞妓ちゃん もりもり >>