銭湯でお三味線

f0073974_9474331.jpg
f0073974_948310.jpgf0073974_948179.jpg









f0073974_9483143.jpgf0073974_9484497.jpg









おもしろいイベントに参加しました。
未来銭湯2010
の「銭湯・ココロ・カラダ・キレイ」というワークショップの三味線の回です。
このイベントはボランティアグループ「湯・友・YOU」の10周年記念事業だそう。
この団体は京都市東山区を拠点に障害児者デイ銭湯を運営するボランティア団体。
高齢者のデイサービスと同じく、障害児者にも銭湯を利用してもらうために東山区の銭湯が協力している活動だそうです。

私、昨秋まで東山区に住んでいたのに、そんな活動がされていることを知りませんでした!
確かに、「銭湯がたくさんあるなぁ」と思っていたし、「もうすぐやめちゃう銭湯がアートスペースになるらしいよ」というウワサを聞いたりしたことはあるのですが、そんな活動がされていたとは。
今回のイベント会場もよく行っていた八百屋さんのすぐ近く。
「そういわれれば、この辺に銭湯があったような・・・?」と思いながら探してみると、ありました。大黒湯。
イベント開催10分前なのに人影もなく、「ま、まさか、中止なのかな?」と思いながら恐る恐る扉を触ってみると、扉が開きました。
そして番台にお姉さんが立って、受付してくれていました。
あー。ほっとしました。

今回このイベントに参加しよう!と思ったのは「銭湯でのイベントに参加したかったから」、「三味線が好きだから」、そして、大好きな「東山紅茶館の紅茶がいただけるから!」でした。
参加費は410円と破格なのですが、とても盛りだくさんの内容。
「三味線で和のココロを知る」、「五建ういろのお菓子と京都紅茶倶楽部の紅茶」、「ベリーダンスで自分磨き」、「子育てと仕事・両立のヒケツ」と盛りだくさんで3時間半。
で、でも、ベリーダンスはやりたくないなー。

会場は浴場。
床下にお湯が通っているのか、タイルはぽかぽか暖かでした。
いくつかの蛇口からはお湯がぽたぽた落ちていて、たまに靴下がぬれたりするのも可笑しくて楽しい。
お風呂のお湯が入ったままなのも面白かった。
脱衣場にも古いけれども現役のマッサージチェア(1回10円!)があったり、
おもしろい注意書きがあったりして、ひとりでニンマリ笑ってばかりでした。

仕事前に行ったので、30分ほどしかいられなくて残念でした。
三味線の演奏とお話が素晴らしかった!最後まできちんと聴きたかった。
途中で席を立つ形になってしまい、申し訳なかったです。
三味線の音が浴室に響いて、ほんとによかったです。
少しだけ三味線をしたことがあるのですが、またちゃんとやりたいなー、と思いました。

楽しみにしていた紅茶を頂くことはできなくて、これまた残念だったのですが、帰り際、おじちゃんがお茶菓子を2つくださいました。
「五建ういろ」のお菓子なので、ういろうかと思っていたら「赤飯まんじゅう」でした。
これが美味しかった!
ありがとうございました。
またゆっくりとイベントにお邪魔させていただきたいです。
[PR]
by ayats29 | 2010-03-14 10:22 | 京都
<< 通勤散歩・・・旧電電公社・・・ 舞妓ちゃん >>