白樺かご作り in フィンランド!!

f0073974_633659.jpg

f0073974_635114.jpg


フィンランドでは白樺の皮でかご作りにも挑戦しました。
Pさん宅には白樺林があります。
佇まいがとても素敵なんです。
その白樺の皮が自然とむける初夏、お友だちと一緒に皮を剥いで、まだ柔らかい皮を使っていろんなかごを作るそうです。
Pさんのカゴ、本当に美しい。
f0073974_6112461.jpg

☆中に入っているのは教えてもらったプッラ。
日本では「シナモンロール」の名前でお馴染みです。
f0073974_6113882.jpg


当初、Pさんはヒンメリづくりを教えてくれるつもりだったみたいなのだけど、私の希望はどうしても「かご」作りでした。
☆ヒンメリはワラで作る可愛いオーナメント。Pさんの玄関にもかけてあった。Pさんのヒンメリは大人っぽくて素敵。ヒンメリもやってみたいけど、今回はそれよりとにかく「かご!」と思ってたのです。
f0073974_617290.jpg


いろいろとお家にたくさんある、Pさん手造りやいろんな旅先で見つけたというカゴを指差しては「あれを作ってみたい」と言ってみたけど、どれも初心者の私が短時間では作れないものばかりだったみたい。
ということで、簡単に素敵なかごを作れる方法を教えていただいたのでした。

皮は大きな「宝箱」のような入れ物に保存してありました。
大分かたくなってたけど、それでも折り紙みたいに折り曲げることができます。
ポカポカと暖かいお日さまを浴びながら、ガレージでレッスン。
1コ作って、あとは実習。
かごを留めるのはすぐそばに生えた柳。
柳を抜いて、茎をたて半分に裂いて、先を少し尖らせて。
フィンランド人が子どもの頃から使えるようになるという小刀Puukkoを使って、危なっかしい手さばきでがんばりました。
・・・このPuukko、Pさんがフィンランドの最北端、ラップランドに旅したときにサーミ人にもらったものだとか。
皮のサックがかっこいい!
4つ作ったカゴ、最後の1コは繊維の方向を間違えちゃったので、ちょっと裂けてしまったけど・・・、なかなか可愛くできたー!
なんとか入れ子にもなりました。
3時間、集中して作りました。
途中、Pさんが休憩のハーブティーを淹れてきてくれたり。
そういうさりげない心遣いに胸が一杯になっちゃいます。
f0073974_6214482.jpg

f0073974_68213.jpg

f0073974_672927.jpg
f0073974_68454.jpg

[PR]
by ayats29 | 2011-10-21 06:27 | Suomi
<< 私の好きな場所・・・フィンラン... フィンランドのオーブン?かま? >>