葵祭 社頭の儀

f0073974_11404836.jpg

5月15日は葵祭でしたね。
昨年は初めて『路頭の儀(京都御所から下鴨神社、上賀茂神社へ向かう行列のこと)』を人垣から見ました。(昨年の日記はホームページのdiary archivesからご覧くださいね)

昨年は葵祭のことをほとんど知らずに『路頭の儀』を垣間見ただけでしたが、今年はなんと、上賀茂神社での『社頭の儀』へ参列する招待券を頂いたのです!
『社頭の儀』は葵祭のメインイベントともいえるもので、下鴨、上賀茂両神社で天皇の勅使が天皇の祝詞を読み上げ、お供えを届ける儀式です。
下鴨神社では一般の方用のお席が少しあるようですが、上賀茂神社では一般の方は入場できません。
そんな、たやすく参列できない儀式へのご招待状をある方から頂いていたのです!

もちろん、私は参列できることをとても楽しみにして張り切っていたのですが、車で出かけてしまい、道選びにも失敗したのでとても上賀茂神社まで車で行けそうもなくて、途中で車を置いてタクシーで向かうことにしました。
ところが、タクシーをつかまえようと思ってもつかまらず・・・。
仕方がないので30分ほど必死で走りに走って・・・。
「もう少しで上賀茂神社!」というところで、娘の通う園からの電話が鳴りました。
「熱がでましたよ」とのこと・・・。
泣く泣く参列を諦めて、また長い長い道のりを歩いて帰りました・・・。
帰り道、上賀茂神社へと向かうご一行と縦走(!?)する形になったので、昨年よりもたっぷりと美しい装束や御所車を楽しむことができました。
それがせめてもの救い、ですね。

来年はどんな風に葵祭を楽しむことができるのでしょうか!?
f0073974_11403130.jpg
f0073974_1141822.jpg

[PR]
by ayats29 | 2006-05-17 11:54 | 京都
<< イノダコーヒーにいっていました くらぶ始動! >>