北野天満宮の天神祭?

f0073974_14583.jpg

火曜日、7月25日は大阪で天神祭がありましたね。
京都でもたくさんの人が浴衣姿で楽しそうに歩いていたので、
「今日は天神祭だからかなぁ?みんな大阪まで行くのかなあ??」
と思っていました。
子どもたちをお迎えに行った帰り道、ちょっと寄り道をしてたまたま北野天満宮の前を通ったら、
お祭をしているではありませんか!?
子どもたちも「行きたい~!」と言うので、行ってみました。
かき氷を食べて、たこ焼きも食べながら「今日は何のお祭なのかなあ?」と声に出して
言ってみたのですが、誰も教えてくれませんでした・・・。

考えてみたら、北野天満宮は別名『天神さん』で天神様に神化した菅原道真を祀っているところでした。
毎月25日は『天神さんの縁日』ということで天神市が毎月開かれているのですよね。
だから7月25日はいつもの縁日に夏祭りの風情がプラスされるのかもしれないですね。全くの憶測ですが・・・。

ちなみに、有名な大阪の天神祭は大阪天満宮のお祭です。
天神祭の由来を大阪天満宮文化研究所のサイトでベンキョウしてみました。
あの、船の上で繰り広げられていることは『鉾流(ほこながし)神事』というのだそうです。
花火が上がったりして、なかなか派手な印象のお祭ですが、由来を知ると行ってみたくなりました。
ただ、以前、家族が天満に住んでいたので天神祭が執り行われる川が綺麗とはいえないことを知っていて・・・。
天神祭を楽しみに行くのはその記憶が薄れるころになる、かな?
[PR]
by ayats29 | 2006-07-27 07:18 | 京都
<< 眺めのいい喫茶店 放浪の果て >>