護摩木

f0073974_4325787.jpg

今日、8月16日は『五山の送り火』の日です。
京都に来てすぐの頃、『大文字焼き』と言って、「京都の人はその呼び方を嫌いますよ」とたしなめられたことがあります。
正しくは、『五山の送り火』というんですね。

昨日は初めて、護摩木(ごまぎ:送り火の際に点火される木のこと)を納めてきました。
この夏一番ではないか?という暑さの中、銀閣寺門前まで行きました。
それほど長くもない門前が果てしなく続くように感じるくらいの熱さでした・・・!
慣れない筆を使い、なんとか無事に護摩木をお納めして、ソフトクリームで暑さを癒しました~。

送り火を体験するのは今年で3回目です。
わが家からは右大文字以外の字形が見えるのですが、お納めした護摩木は右大文字になるんです。
今年はどこか、右大文字が見えるところまで出掛けてみようかなあ?
f0073974_4332272.jpg

f0073974_433872.jpg

f0073974_432318.jpg

[PR]
by ayats29 | 2006-08-16 05:00 | 京都
<< 9月の布雑貨づくり教室 植物園のこども文庫 >>