猪のお寺

f0073974_833867.jpg

ご近所に亥年の守り本尊「摩利支尊天堂(まりしそんてんどう)」があります。
至る所に猪の像があるお寺で「不思議なお寺だなあ」といつも思っていました。
亥年の守り本尊だったんですね。
京都御所の西隣にある『護王神社』も猪にまつわる神社ということで、3日に通りかかったときは大変な人気でした。
でも、摩利支尊天堂はそこまでの人気はないみたいです。
普段もほとんど参拝者を見ないお寺ですが、昨日は五色の布で華やかに彩られていました。

このお寺のはす向かいにはゑびす神社があります。
こちらも普段は人もまばらなさみしーい神社なのですが、1月10日前後に行われる『十日ゑびす大祭』の間、普段からは信じられないほどの大変な人で賑わいます。
昨日は宵ゑびす(正確には招福祭)でした。
例年の9日や10日に比べると、ずいぶんとお参りしやすい程度の人出でしたが、私はほかに用事があったので足早にお参りだけして通り過ぎてしまいました。
今日も行ってみる予定なのですが、今日は混んでいるかなあ?
f0073974_8325623.jpg

f0073974_8475018.jpg
f0073974_848085.jpg

[PR]
by ayats29 | 2007-01-09 08:48 | 京都
<< 初ゑびす 2/17 『自分サイズのルーム... >>