パブリックドメインのディズニー作品

f0073974_619438.jpg

わが家に少しずつ、ディズニー作品のDVDが増えてきています。
きっかけは500円の白雪姫のDVDを観たこと。
美しい映像、美しい音楽、すばらしいストーリー展開・・・。
感動しました。
この作品が制作されたのはなんと1937年!
世界初の『色彩長編動画』だそうです。
その頃の日本のことを考えると、1937年にこれだけの作品を作る技術があったアメリカって、ディズニーってすごいと思いました。

最近、いろいろな昔の名作が500円で販売されていますが、それはみんな、著作権が切れてたためにパブリックドメイン(社会全体の公共財産)になっているからだそうです。
これまでに観たのは『白雪姫』のほかに『ピーターパン』、観はじめたところなのは『ダンボ』、その次は『ピノキオ』を観ようと思ってます。
どの作品もミュージカルみたいな雰囲気もあって楽しいです。
500円版だと画質や音質が悪いという説があるし、完全日本語吹き替え版なので、このままディズニー作品にはまっていくと、もっときちんとしたDVDが欲しくなっちゃうかもしれません~。
[PR]
by ayats29 | 2007-02-08 06:52 | 日々のこと
<< 六曜社珈琲店 春のあしおと・・・ >>