トラットリア セッテのメレンゲ

f0073974_10375751.jpg

これ、何だと思いますか?
ハイットリージェンシー京都にあるイタリアン、『トラットリア セッテ』のものです。
雑誌でこの食べものの写真を見て、名前が「メレンゲ」と書かれていたので卵白と砂糖を泡立てた、あのメレンゲを使ったものなのだろうということは想像してました。
でも、見ただけではパンなのか、お菓子なのか、固いのか、ふんわり柔らかいのか、分かりませんでした。
そこで、買ってきました!

もぉぅ、何から何まで驚きの食べものでした!!
まず、メレンゲは1個につきケーキ箱1箱に大切に入れられていました。
f0073974_10384033.jpg

ショーケースから箱に移すとき、店員さんがとても気を使いながらそーっと扱っていたことも気になりました。
でもそんなことを忘れて、箱から出すときに手でガシッとつかんでみたら・・・!ちょっとの力でもホロホロッと崩れてしまいましたっ。
なんと、この食べものは周りがメレンゲで中にクリームをたっぷりと入れたものだったのです。
f0073974_110071.jpg

「えぇー!?」と叫びながらなんとかお皿に出して、食べてみました。
!!!!!すごい食べものです。すごく完成されたお菓子でした。
味は抹茶、アールグレイ、ラズベリーの3種類なのですが、メレンゲにもそれぞれの味をつけてあるようです。
そして、中のクリームと外のメレンゲのバランスが絶妙!
メレンゲはとても甘いものなので、中のクリームはほとんど甘みをつけていないのです。
抹茶は苦めなのですが、メレンゲと一緒に食べると美味しい~。
でもいったい、どうやって作るのでしょう?
丸いドーム型を作る方法も分からないし、壊れやすいメレンゲにクリームをどうやって入れているのかも不思議。
1個250円なのですが、大きさがあるし、リーズナブルだと思います。

実は、先日サイクリングに行ったときにも『抹茶』と『アールグレイ』は買えたのですが、そのときは目の前で『ラズベリー』の最後の1個が売れてしまったところでした。
人気商品なのだそうです。
そして今回、3種類を買うことができたのですが、オーダーをした際にこんなことを言われました。
「こちらのメレンゲは大変壊れやすいものです。それでもよろしいでしょうか?」
前回はこんなことは言われませんでした。
知っていたら、自転車でガンガン走らなかったと思います。
誰かからクレームがあったのかな?
そんなことを思いながら、「がんばります」とお応えしました。
でも確かにこのお菓子、作るのも大変だろうし、それを崩さないように気を使いながら扱って、さらに1個につき1個の箱に入れるスタッフの労力は大きいと思います。
うーん。なんだか、「幻のお菓子」になってしまいそうな気がしてきました。
何かと理由をつけて、なくなっちゃう前に(勝手な予測)友だちにも食べさせてあげようと思います!
[PR]
by ayats29 | 2007-03-09 11:01 | おいしいもの
<< 吉浪壽晃 友の会 講座 hohoemi >>