お昼の『花灯路』

f0073974_1141777.jpg

3月10日から東山界隈で『花灯路(はなとうろう)』が始まりました。
このイベント、東山三条の青蓮院のあたりから清水寺のあたりまでに行灯(あんどん)を置いて、夜になると明かりを灯して散策路を幻想的な雰囲気にするというものです。
今年で5周年なのだそうです。
実はこの時期、京都は桜の観光シーズン前の閑散期です。
そこで考えられたのがこのイベントで、1年目は観光客もまばらだったのですが、年を重ねるごとに花灯路を目当てに京都に来る方が増えています。

わが家はその界隈にあるので、このイベントが始まると交通規制されたり、通行止めにされたりするのでちょっと大変です・・・。
とはいえ、せっかくなのであたたかい夜にでもお散歩してみようと思っているのですが、今年は丁度イベント・スタートの頃から寒くなりました。
だから、まだ夜の東山散策はできずにいます。
そこで、明るい時間にどんな感じかちょっと見てきました。
うーん。
いつも思いますが、清水焼や京焼で作られたという行灯、色合いがよくないんですよね・・・。
それに、場所によっては明かりを灯すための電気コードが見えています・・・。
花灯路の時期、日中の雰囲気もよくするように考えてほしいな~。
f0073974_115540.jpg
f0073974_1151646.jpg

[PR]
by ayats29 | 2007-03-15 11:15 | 京都
<< おわった~! カステラづくり! >>