上賀茂神社にて

f0073974_97695.jpg

上賀茂神社へ行きました。そして思いがけず、よい体験をしました!
上賀茂神社へは、境内が広くて気持ちがいいのでのんびりしようと思って行ったのでした。
まずは近くの今井食堂で鯖煮定食を食べて~、散策したり、川を眺めてぼーっとしたり、の~んびり。
上賀茂神社で結婚式を挙げる花嫁さんにも出会いました。
花嫁さんと花婿さんが車から降りて写真撮影をするところを眺めていたら、2歳の娘が「いっしょ、しゃしんとる~!」というので困りました・・・。

ふと、旦那さんが『国宝・本殿特別参拝とご神宝の拝観』という特別参拝の看板を見つけました。
せっかくなので参拝してみることに。
これが・・・!行ってよかったです。いい体験をさせていただきました。
まず、参拝の初穂料をお納めすると『上賀茂神社』と書かれた衣を渡されました。
お遍路さんなどが肩から掛けている、白い布でできたものです。
そういう衣を着けるのは安産祈願や厄年の厄除けに来たときくらいだったので、びっくり。
さらに、翌朝お祓いをしてくださるということで、名前と住所を書く札(?)も渡されました。
国宝をさらっと観るだけだと思っていたのでびっくりしました。
そして『神職から説明がありますので、しばらくこちらでお待ちください』と高倉殿という建物で待つように言われました。
この高倉殿、重要文化財でした~。
そこには葵祭が描かれた屏風などが展示されていました。
ふと上を見ると、何かの物語が描かれた5枚の絵が掛けられていました。
「なにかな~?」なんて言っていると、若いご神職がいらっしゃいました。
そして、上賀茂神社の由来等々を話してくださいました。
5枚の絵はその由来を描いたものでした。
神様たちの話なので、よく分からない部分もありますが、おもしろかったです。

そして本殿の参拝となるのですがこの本殿、『普段入ることの出来ないご神域』なのだそうです。
そこに入るので、入る前にお祓いをしてくださいました!
思わず「ありがたや、ありがたや」て気分になっちゃいます。
本殿でもご神職が丁寧に、とちりながらも、桧皮のことなどをお話してくださいました。
本殿の隣に権殿(ごんでん)という建物があること、初めて知りました。
本殿には神様がお祀りされていて、権殿は火事などの不測の事態で本殿を使えなくなった場合の予備なのだそうです。
権殿には青い獅子と緑の獅子が描かれていて、その像も置かれていました。
こちらについてのご説明もおもしろかった。
それから、小さな展示室に案内されて、特別参拝はおしまい。
思いがけずお祓いまでしていただけて、なんだか「これからいいことあるかな?」という幸せな気持ちになりました。
f0073974_972099.jpg
f0073974_10145285.jpg

[PR]
by ayats29 | 2007-06-17 10:05 | 京都
<< 祇園祭がやってくる~! せせらぎ >>