祇園祭がやってくる~!

f0073974_11401843.jpg

今年も祇園祭のシーズンが近づいてきました!
祇園祭のクライマックス、『山鉾巡行』は毎年7月17日にあります。
でもお祭りの行事はその前後にも目白押し。
昨日は京都芸術センターで祇園祭の山の一つ、南観音山の『祇園囃子 公開練習』がありました。
『公開練習』となっているので、練習を静かに見るだけのイベントだと思っていたら、囃子方の方が丁寧に説明をしてくれたり、日本伝統音楽研究センターの先生のお話があったり、最後には体験までさせてくれるという盛りだくさんの内容でした。

あのコンチキチンの音色、間近で聞くとかなり大きな音で迫力たっぷり!
わが家では、6月になったころから「今年もそろそろ祇園祭だねえ」と話していたのですが、こんなに早い時期に祇園囃子を聞けるなんて、嬉しい~!
日本伝統音楽研究センターのことは2年位前から知っていたのですが、当時、始めたばかりだということだった祇園囃子に関する研究が進んでいて興味深かったです。

そして、鉦(かね)を体験させていただきました。
祇園囃子は鉦と笛、太鼓から成るのですが、小学生くらいから鉦方を10年して、それから笛方10年、最後に太鼓方になれるのだそうです。
気が遠くなりますねぇ。
細かなところは各山や鉾で違っていて、お囃子もそれぞれに少しずつ違います。
曲もたくさんあるのですが、今回は基本となるお囃子を体験させていただきました!
鉦を打つバチの柄は鯨のひげ、鉦に当てる部分は鹿の角の根っこでできているそうです。
鯨のひげが意外と硬くてびっくりしました。
ジャム瓶のふたのような形の鉦の真ん中や下側面、上側面を打つことでいくつかの音が出るのですが、難しかったー!
三角と丸で表された譜面の読み方も、教えてもらったけど、チンプンカンプンでした。
奥深い世界だなぁ。
会場では偶然、東山青少年活動センターでお世話になっていた方にお会いしたのですが、彼女は平成女鉾で鉦方をしているので、とっても上手でした!

来週末にも公開練習があるそうです。
お時間がある方、行ってみるとおもしろいですよ!
f0073974_11412546.jpg
f0073974_11505687.jpg
f0073974_11413994.jpg

[PR]
by ayats29 | 2007-06-17 12:23 | 京都
<< 川床 上賀茂神社にて >>