大満喫!祇園祭山鉾巡行~!

f0073974_7382952.jpgf0073974_7252855.jpg







f0073974_725173.jpg


f0073974_72831.jpgf0073974_7281522.jpg










昨日は山鉾巡行を満喫してきました。
昨年は大雨でしたが、今年は心配していた雨も降らず、あまり暑くもなく、巡行見物には最高のお天気。
子ども2人連れてどこまで見物できるかな、と思っていたのですが・・・!
一緒に行ったお二人にものすごく助けていただいて、これまでで一番、お祭りを満喫してしまいました!

長刀鉾が出発するのは朝9時ですが、それはテレビ中継で見物。
朝一番で保育園での仕事をちらっとしてきて、それから出発しました。
子どもたちはち浴衣でお出かけ。
着るときはちょっと嫌がってたのだけど、褒められると嬉しくなったみたいでした!
今年の巡行見物、まずは京都ホテルオークラの近くからスタートすることにしました。
ここ数年、京都ホテル前の御池通りにある噴水の辺りから見物することが多かったのですが、今回は京都ホテル横の河原町通りに行ってみました。
そうしたら、これがよかった!
四条通から河原町通を御池通に向かって上がってくる山鉾がよく見える~!
辻回しもよく見えました!
歩行者天国にもなっていて広々しているので、子どもも走り回って自由に遊んでいました。
f0073974_7394836.jpg

しばらくしてから市役所前広場に移動してみると、そこものんびりしながら山鉾をしっかり見られるいい場所でした。
市役所の方が配るよく冷えた宇治茶もおいしかった!
ご一緒した方が小さなレジャーシートを用意してくださっていて、子どもたちはそこに座ってピクニック気分!
どこに行くにも小さなシートを用意するのっていいですねぇ。これからマネします!
そこからさらに、今年は山鉾が帰ってくる新町通りにまで足をのばすことにしました。
御池通を山鉾と縦走するようにしながら移動!
これもまた楽しいです。
途中、巡行見物に最適なオープンテラスをいくつか見つけたので、来年はそこでのんびり見物するのもいいかも。
下の子は縦走中に寝ちゃったのだけど、上の子はがんばって歩きました!
ご一緒したお二人に励まされたりしながら、手をつないでもらってもぅ、ご機嫌!
途中からは二人に両手を持ち上げてもらって「ビューン!」と飛ばしてもらったり、もぅ、本当に楽しそうでした。
「大人が私以外に二人もいるってなんてステキなの!?」と感謝感激でした。ありがとうございました!!
かなりの道のりを歩いて、なんとかかんとか三条新町にたどり着きました。
でもここまで歩いてよかったー!
新町通りの細い道を、目の前を、山鉾が通っていきます。
御池通から鉾が曲がってくると、遠くから祇園囃子が聞こえてくるんです。
それを聞いて、「あ!何かきたよ!」といいながら見るのもまた楽しい!!
大きくて背の高い鉾が電柱や電線すれすれのところを通って行く様は迫力満点です。
巡行が終盤になってほっとした表情の曳き手の人々が手を振ってくれたり、沿道の山鉾町の人たちが「おかえりー。ありがとう。」なんて声をかけたり。
そんな雰囲気もよかったです。
途中で下の子も起きて、「そろそろご飯食べに行こうか?」と言っても「もういっこ、見る!」と言ったりして、子どもたちも巡行見物を楽しめたようでよかったです。

巡行を満喫して、1時間ほどの時間をかけてご飯を食べたあと(子連れだといつもそのくらいかかっちゃうのでした)、四条通に向かって歩いているといくつもの山鉾がもうすでに解体されていました。
もともと祇園祭は疫病除け祈願のお祭りで、美しく飾られた山鉾に疫病の神様『疫神』が憑くと考えられているそうです。
祇園囃子もあの、少し寂しげだけど美しい音色に誘われて疫神がやってくると考えられて作られたのだとか。
そんな山鉾なので、巡行が終わったらすぐに解体してしまうのです。
山は背もそれほど高くないので割とすぐに解体できるようでしたが、大きくて飾りが多い鉾の解体は大変そうでした。
菊水鉾の解体をしばらく眺めて、月鉾や函谷鉾、長刀鉾の解体を横目に見ながら家路に着いたのでした。

これまででも最高、といえるくらい満喫した今年の山鉾巡行。
ご一緒したお二人のお陰でここまで楽しめました!本当にありがとうございました!!
でもかなりの距離を歩いたので、やっぱりかなり疲れましたー。
それでも、子どもは家に着くなり「自転車のる!」とか「公園いこう!」とか言うのでした・・・。
来年はもう少し体力を温存しながら楽しみたいです。
f0073974_725597.jpg

[PR]
by ayats29 | 2007-07-18 08:11 | 京都
<< 自転車で『京都 上ル下ル』 お祭りのお供に・・・バナナケーキ >>