続・御手洗祭!

f0073974_4315292.jpg
f0073974_433471.jpg










f0073974_4322635.jpgf0073974_4323766.jpg









金曜日につづいて、日曜日も下鴨神社の御手洗祭に行ってきました!
夜、いい雰囲気のときに行こうかと思ったのですが、お昼よりも夜のほうが込むと思って、お昼に行きました。
今回は金曜日と違って、しっかりタオルを持って子どもたちの着替えも上から下まで持っていきました。
最初はおっかなびっくりで冷たい水に足をつけていた下のコも「濡れてもいいよ~」という私の声にどんどん大胆になって、最後は階段に座って自分のズボンが『フワーン』と水に浮かぶ様を楽しんでました。
上のコももちろん一緒になって『フワーン』をして、すっかり川遊びしてしまいました。
でも楽しくってよかった!

今回はほかに3つの目的がありました。
1つは2年前にいただいたご神石をお返しすること。
2つめは金曜日に初めて知った、『足形』のお札で健脚祈願をすること!
3つめは金曜日には出ていなかった元祖みたらし団子のお店、加茂みたらし茶屋の出店でみたらし団子を買うこと!!

ご神石というのは、御手洗川の底にある黒い石のことです。
この石は昔から厄除けの神石とされているそうで、特に子どもの『かんむしふうじ』に効果があるといわれているんです。
この『かんふうじ』のご利益、わが家は5年前に体験しました!!
その頃、上のコの夜泣きが激しくてなかなか収まらなくて、夜泣きが治まると聞けばいろいろ試していました。
祇園祭で夜泣き封じの鳥笛を買ったり、小児針というツボ押し術を受けたり・・・。
なかなか効果がなかったのでまさしく『神にもすがる想い』でこの石を頂いて帰りました。
そして、娘の枕元に置いて眠ると、、、なななんと!本当に夜泣きしなくなったのですー!
たまたまかもしれませんが、感激の体験でした。
この神石、毎年取り替えに来るのが風習になってます。
金曜日は急に行ったので返すべき石を持っていなくて、今年の分をいただくだけになっちゃいました。
そこで、日曜日にはお返しする石を持参。
社の方に「どちらにお返しすればよいですか?」とお聞きすると、「川のその辺に投げておいてください」とのこと。
「えっ?そうなんだ。子どもがマネしそう・・・」と思っていると、別の方が「いえいえ、こちらでお預かりしますよ。投げると危ないですから」とのこと。
よ、よかった。
でもそういえば、お子さんの夜泣きに悩んでいた友達にこの神石のことを教えてあげたら、すぐに下鴨神社の社務所に問合せて、お祭りでも何でもないときでも頂けたと聞きました。
もし万が一、御手洗祭にいけなくても自分でポチャンッと神石を川にお返しして、新しい神石をいただくことができるんですね。

2つめの足形のお札、なぜかこれまで私は全然存在を知りませんでした。
そういえば、お札をお納めする社の辺りによく人だかりがあったのですが、なるべく人ごみを避けたかった私は何をしているのかを見てませんでした。
金曜日は空いていたので、かわいい足の形のお札が納められた様を見つけて、京都通の友だちに「あれ何?」と聞いてやっと知ったのでした。
今年は初めて、足形をお納めして家族全員の無病息災を願いました。

3つ目の目的、加茂みたらし茶屋のみたらし団子を見つけること!
難なくできました。
例年、鳥居のすぐ近くに加茂みたらし茶屋の出店が出るのですが、金曜日はまだ出てませんでした.
でも日曜日はいつもの場所に出店がありました!
早速買って、帰宅してからいただきました。
包装紙がかわいくて、お団子はビニール袋に入れてから竹の皮にくるんであって、とても好きな雰囲気でした。
お団子もおいしかったー。

そうそう、金曜日にご神水をペットボトルに入れてもらっている人がいたので、マネして水筒を持っていきました。
ご神水をたくさん入れてくれたおじちゃんが「今度はもっともっと大きいの、持っておいで。ご飯炊くにも水割りするにもいいよ~」と教えてくれました。
来年は水筒、たくさん持って行こうかな?

御手洗川の冷たい水に足をつけていると、本当にこれまでの穢れを綺麗に流してくれる気がしました。
みんなが無病息災、幸せに暮らせますように・・・!
[PR]
by ayats29 | 2007-07-30 05:03 | 京都
<< 帽子づくりワークショップ! 御手洗祭 >>