北野天満宮の大福梅

f0073974_9235779.jpg
f0073974_932361.jpgf0073974_932233.jpg









昨日の京都、久しぶりに快晴でした。
ここ最近は雨や曇り続きだったのです。
午前中で下のコの保育園の『生活発表会』が終わったので、家族みんなで『大福梅』を頂きに行きました。
大福梅(おおふくうめ)』は梅の名所でもある北野天満宮で授与されます。
授与の期間は毎年、『事始め』の12月13日から『終い天神(しまいてんじん)』の頃までなのだそうです。

事始め』というと、祇園や上七軒の花街で芸事の師匠を訪ねて1年の感謝と来年への心構えを誓う行事だと思っていました・・・。
でも『事始め』は『正月事始め』のことで、昔からお正月を迎える準備を始める日を12月13日としていたのですね。
だから北野天満宮の大福梅授与は13日にスタートするのですね。
ちなみに『終い天神』は毎月25日に北野天満宮、通称 天神さんで開催されている市の一年の最後の市なのでそう呼ばれています。
1月25日の天神さんの市は『初天神』と呼ばれます。

大福梅とともにお屠蘇、お箸もいただいて、気持ちのよい境内を散歩しました。
お正月に向けて、私も身の回りを整えていきたいと思います。
[PR]
by ayats29 | 2007-12-16 10:05 | 京都
<< クリスマス気分 生活発表会&『ウールのマフラー... >>