上七軒散歩*『おばけ』

f0073974_7312543.jpg
f0073974_7315767.jpg









f0073974_7324391.jpg
f0073974_7321169.jpgf0073974_7322288.jpg












先日、上七軒へ行きました。
上七軒は北野天満宮のすぐそばにある花街です。
京都で一番古いのだそう。
なんと、『室町時代に北野天満宮の再建の際に残った機材を使って7軒の茶店を建てた』ので『京都の上(北)にある7軒』ということで『上七軒』と呼ばれるようになったのだとか・・・!
その後、花街として発展していったのだそうです。
歴史が長いですねぇ。

そんな上七軒、これまでにも何度か歩いたことがあるのに、今回初めて気がつくお店がたくさんありました。
洋食やさんにがま口やさん、洋菓子やさん、和菓子やさんに和装小物のお店、うどんやさんまで。
小さなエリアにいろんなお店がぎゅっと並んでいてびっくりしました。
「いままで気づかなかったけどよーく見るとお店がたくさん」ということが京都はよくあります。
そういうところがおもしろくて大好き。

寒い寒い日だったのでうどんやさんの『ふた葉』で鍋焼きうどんをいただきました。
すごーーーーく美味しかった!
お店を出るともう、辺りは真っ暗でした。
お茶屋さんには『節分のおばけ』の貼紙が。
私はまだ見たことがないのだけど、節分には舞妓さん芸妓さんが仮装して芸をするのだそうです。そのことを『お化け』というそう。『節分に出てくる鬼をびっくりさせて追い払う』ということみたいです。
花街を練り歩くこともあるという『節分のお化け』。
一度は遭遇してびっくりしてみたいです。
f0073974_7323561.jpg

[PR]
by ayats29 | 2008-01-29 07:46 | 京都
<< 受け継ぐもの 受け継ぐこと バター不足ケーキ*たこ焼きパー... >>