宵宵宵宵山?菊水鉾へ!

f0073974_6405087.jpg

f0073974_6401268.jpgf0073974_6415469.jpg










f0073974_6422830.jpgf0073974_642502.jpg










ここ数年、山鉾巡行などのメインイベントが週末にあることの多かった祇園祭。
今年はなにのイベントも週末にかからなかったな、と思っていたのだけど、お祭りを楽しみたい人にとってはそんなことなかったみたい。
この週末はいろんな山鉾が建てられる『鉾建て』があり、建てばかりの鉾や山を一般の人も一緒に曳いてみる『曳き初め』がありました。
これまでに私も、木々を縄で美しく結わえて鉾が建てられていく様を感嘆の気持ちで眺めたり、たまたま通りかかって長刀鉾の曳き初めに参加したりできたのですが、それはいつも平日のことで、観光客はほとんどいませんでした。
でも今年は『鉾建て』、『曳き初め』を目当てに来た人が多かったみたい。
土曜日夜に鉾建ての様子を見に行ったとき、浴衣姿の人をちらほら見かけました。

浴衣姿の人々を見てうらやましくなった子どもたちが「お祭りの格好、したい!」と昨朝いいました。
山鉾巡行の前日を『宵山(よいやま)』、その前日を『宵々山(よいよいやま)』、さらにその前日を『宵々々山』といって、出店がたくさん出てお祭り気分が盛り上がる数日間なのですが、昨日はまだ『宵々々々山』。
「浴衣なんて着て出かけても浮いちゃうんじゃない~?」なんて思って出かけてみたら、全然浮きませんでした。
浴衣姿の子どもたちがたくさんいました。
市営駐車場に駐車したら、鶏鉾を上から見ることができました。楽しい~。
そして早速、菊水鉾でちまき(玄関先に吊るして厄除けにするもの)を買い、子どもたちといっしょに鉾に登らせてもらいました。
こちらの登り階段、すごく急で板と板の間が開いているのでちょっとコワかったです。子どもが落ちないか心配でした。
そういえば、これまでに上ったことのある月鉾や南観音山はお家の2Fから上がらせてもらってました。
菊水鉾は1Fから上がるから急だったんですね。
山鉾巡行のときには囃子方の男の人たちがぎゅうぎゅう詰めになって座るところに上れて嬉しい。
すごく高くて眺めがいいので、子どもたちは身を乗り出して下を見てました。これも落ちそうでコワかった~。

昨日は早い時間に帰路についたので、「コンチキチン」の祇園囃子を聴きそこねました。
今夜は聴きたいな~。
[PR]
by ayats29 | 2008-07-14 07:08 | 京都
<< 月刊京都、載りました! 十姉妹! >>