文椿ビルヂングへ

f0073974_1132761.jpg

とっても久しぶりに文椿ビルヂングへ行きました。
Phookaというお店に行きたくって、ビルの横に自転車を止めて「入ろう!」と思ったら、お向かいになんだかすごい建物ができてました。
よく見ると『IYEMON SALON KYOTO』でした。
伊右衛門のカフェができたことは数日前にLeafさんがしている楽しいブログ、『こっそリーフ』で知ったばかりだったので「ここだったのね~!」と嬉しくなって店内へ。
中庭があって、まぁ、立派でお洒落でした。
広いお店なのだけど、待ってるお客さんがたくさんいました。
その2Fには『千聰ギャラリー』という拝観自由のギャラリーがあったのでそちらへお邪魔。
IYEMON SALONのあるビルは千聰(創業450年の和装の老舗)の本社なのだそうです。
神坂雪佳(かみさか せっか)の木版がとっても美しくて、その図案の着物を観てみたいなぁ、と思いました。

それからやっと文椿ビルヂングへ。
お目当てのPhookaはすぐに見つかりました。
とっても小さなお店でびっくりしましたが、かわいい雑貨がたくさん並べられていました。
と、なんだか聴き覚えのあるBGMが流れてます。
「もしかして、これはチーフタンズですか?」とお聞きすると、そのとおりでした。
チーフタンズは大好きなアイリッシュ音楽のミュージシャン。
アトリエ・ショップでもいっつもチーフタンズをかけてます。飽きもせず。
よく調べてみると、Phookaさんはアイルランド雑貨のお店だったのですね。
またお邪魔させていただきたいです。

それからビルをくまなく観て回りました。
入ったのはたぶん、2年ぶりくらい。
記憶にあるお店も記憶にないお店もたくさんでした。
1軒だけ入っているカフェが広いお店なのに『ただいま満席です』という貼紙が表に出ていてびっくりしました。

せっかくなので、すぐ近くにあるBobbin Robbinさんにも久しぶりにお邪魔しました。
これまた2年ぶりくらいです!
なかなか自転車でゆっくり出かけることがないので、こんなにときが経ってしまいました・・・。
やっぱりとっても可愛い布たち、パーツたちが所狭しと並べられていました。全部ほしいよ~。
アトリエのフライヤーを置いてもらっちゃいました。
オーナーさんが、お話しているうちに私を思い出してくださって、嬉しかったです。
実はこのとき、驚くことがあったんです。
なんとなんと・・・!私がオーナーさんにエイギョウしていたら、ひとりのお客さまが「あの、Fint,takk!さんですか?」と声をかけてくださったんです!!!!
そ、そんなことがあるんですね。
びっくりしました。でもものすごく嬉しかったです。でも舞い上がってしまって、なんて受け応えたのか、あまり覚えてないです・・・。
でも、言っていただいた言葉はしっかり覚えていますヨ。
お声をかけてくださって、本当にありがとうございました!
・・・またいつかお会いできますように・・・。

なんだか、声をかけていただいた嬉しさと夜更かしのし過ぎとで、テンションがいつもと違う日記になっちゃいました。
今日はこの辺で・・・。
[PR]
by ayats29 | 2008-09-16 01:41 | 京都
<< 草木染教室 日曜日だけのモーニング >>