瑞饋祭

f0073974_10523411.jpg
f0073974_10525473.jpgf0073974_10532471.jpg








f0073974_1053452.jpg

今年も北野天満宮のずいき祭へ行きました。
昨年に続いて、友だちのお子さんが八乙女として奉仕していたのです。
昨年は本殿でのかわいいかわいい八乙女舞いだけを見させてもらったのだけど、今年は行列が上七軒(かみしちけん)に戻ってくるところを子どもたちと待ち構えました。

毎年、このお祭りでは10月4日の還幸祭の折にお神輿とともに獅子や八乙女の行列が続くので、その行列を見るために上七軒でご近所さんたちが見物するのだそうです。
上七軒は京都に5つある花街のひとつ。
細い通りに古い洋食屋さんやお菓子屋さん、うどんやさんが並んでいて、そこにお茶屋さんもいくつか並んでいます。
還幸祭のときにはそのお茶屋さんの前に舞妓さんや芸妓さんも見物に出てくるので、たくさんのアマチュアカメラマンがカメラを構えて待っていました。

行列の最初は立派なお神輿が通りました。
『ずいき祭』というだけあって、ずいきが飾られていました。
それから2頭の獅子や天狗様などが続きました。
そして紅い傘を差しかけられた可愛い八乙女たちが歩いてきました。
昨日は少し汗ばむくらいのよいお天気。
長い時間を歩くようなのですが、みんなしっかりと歩いていました。
友だちのお子ちゃんも着物姿の友だちも可愛かった。

うちの下のコは眠ってしまったので行列は見られなかったのだけど、獅子に頭を噛んで(噛むマネをして)もらいました。それも二頭も!
獅子の中には優しそうな青年が汗だくになって入っていました。
これでうちの子も元気で丈夫なコに育つかな。
ありがとう!
[PR]
by ayats29 | 2008-10-05 11:19 | 京都
<< 草津と南草津 シカクマメ+プッチャ+セモリナ粉 >>