「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Suomi( 9 )

港町ナーンタリ

f0073974_23375389.jpg

この夏、子どもたち2人と一緒にフィンランドに出かけました。
行きの飛行機は建築士の友人も一緒だったけど、1泊した翌日からは3人行動。
楽しくて楽しくて、たまに切なくて、でも楽しかった15日間の旅のこと、ちょっとずつ書いていきます。
というか、昨秋に一人でフィンランドに行った時のことも書ききれてなーい。
ちょっとずつ、ちょっとずつ。。

***

FIN AIR で10時間の快適なフライトを楽しんでから、まずはヘルシンキのアパートホテルに泊まりました。
ここが、泊まったアパートホテルの中ではいちばん広かった―!
スーパーで買いこんだ苺やらヨーグルトやらを食べて、あとは日本からたっぷり持っていったおそうめんを晩ごはんにも朝ごはんにも食べて、次なる目的地へ出発!

それは、子どもたちも私もとっても楽しみだった「ムーミンワールド」!
ムーミンの世界がひとつの島に繰り広げられているんです。

画像はそのムーミンワールドのある町、ナーンタリの港。
お日さまが沈んで行っている島がムーミンワールドです!

テラスのあるレストランでどうしても食事したくって、8月2日でもものすっごく寒かったけど、ビールを飲みながら見た夕日。
夕食を外食したのは、ここだけだったなあ。
白夜の夏の終わりでしたが、この陽の入りは21時過ぎ。
あぁ。綺麗だった。
あぁ。寒かった。
でも綺麗だった。
ここに住みたいと思いました。

子どもたちには「ムーミンワールドに就職してね」と言ってあります。
…応えはもちろん、「うん!そうするっ!!」 ^^
[PR]
by ayats29 | 2012-10-03 23:44 | Suomi

my suomi=my Finland のカフェ

f0073974_0114225.jpg
f0073974_0115470.jpg

f0073974_0124519.jpg

昨秋、4泊6日で一人旅してきたフィンランド。
カフェも行きました!
が、なんだか、とにかく、寒くて寒くて寒くて・・・。
日本はまだ割りと暖かかったので「コートなんているかなあ」と半信半疑の気持ちで持っていったコートでも防寒着にはならなくて、「きっと着ないだろうなあ」と思いながら持っていったヒートテック下着が大活躍でした。
でも、町歩きに出た、到着翌日は、うっかり普通の下着で出かけてしまい、大失敗。

ということで、カフェめぐりもいまひとつパワーなしでした。
でも最初に行った、中央駅構内のカフェは元気に過ごしました♪
広くて、綺麗で、静かで、気持ちよかった。
フィンランドに行ってとても驚いたのは、その静寂です。
駅にいても、カフェにいても、人が少ないわけではないのに、とにかく「静か」。

このカフェを出て、ウロウロしてみたら、本当に迷っちゃって、まぁ大変。
なんとか、目的地だった老舗カフェEkbergへ到着!
ランチはビュッフェ形式で、この日は木曜日だったのでお豆のスープがありました。
フィンランドでは、「木曜日は豆スープの日」だそう。
その話をギリシャ人の友人にしたら、ギリシャでは金曜日が豆スープの日って教えてくれました。
関西人の友人からは「京都は月曜日が豆ごはんの日だって」て教えてもらいました。たしか、月曜日だったと・・・思う・・・。
そういう決まりごと、おもしろいですね。
f0073974_0162461.jpg

f0073974_0243227.jpg

f0073974_015253.jpg
f0073974_0151543.jpg

[PR]
by ayats29 | 2012-04-18 00:22 | Suomi

suomiの市場 ハカニエミvs old market??

f0073974_0565168.jpg

フィンランド旅行のこと、書くのをお休みして間が空いちゃいましたー。
友だちに指摘されて、思い出しましたっ。
ち、ちょっと、忘れてました。

でもこの前、ステイ先のPさんからメールがきました♪
嬉しいな。
来年、会えるのが楽しみ~。

***

10月はじめに出かけたフィンランド一人旅+ホームステイ。
2日目だけが一日、自由に動ける日でした。
ヘルシンキだけではなくて、バスに乗って近郊の町にも足をのばして。
カフェ巡りもしたいし、雑貨屋さんも見たいし、デパートにもスーパーにも行きたいし。
とにかくしたいことがてんこ盛り!
外国で買い物といえば、やっぱり市場は外せないので、楽しい市場といろんなところで紹介されている「ハカニエミ市場」に行くことも計画に盛り込んでいました。
でも・・・、出かける前、Pさんが私に「今日はどこに行くの?」というので、「ハカニエミ」と応えたところ、思わぬ返答が。
「どうして!?old marketの方が広いのに!そっちにしなさいよ。そっちだったら今ならfish marketしてるわよ」とのこと。
ニシンの季節だったので、ニシン祭をしているということは知ってたのだけど、「でも私はハカニエミにあるというマリメッコに行きたいし・・・」と言ってみたものの、「なぁに言ってるの!マリメッコはどこにでもあるんだから市場に行くならold marketの方がいいって」とのお返事。
そんなに強く勧めてくれるなら、ということで行ったのが写真のold market。
(トップの画像はold marketのすぐ隣にある「シリアライン」を運行する船着場。
スウェーデンとフィンランドを結んで航行する船です。乗りたいなー。)
f0073974_116224.jpg
f0073974_1164795.jpg
f0073974_117363.jpg
f0073974_1171874.jpg


港にあるので、舟の上でお店を広げているところがあったり、ジャム屋さんがあったり、楽しかった。
リンゴンベリージャムを試食して、可愛いビンやパッケージのジャムをいくつか買いました。
が、この日、とにかく私は寒かったのです。
フィンランドの秋は雨の季節。
つめたーい小雨がシトシト、というよりサラサラー、と降っていて。芯まで冷える。
前日、到着したときが意外と暖かかったので、完全に油断してヒートテックも厚手のセーターも着ていなかった私がアホでした。
コートすらも着ないで出かけようとして、Pさんにコートは着たほうがいいよ、とアドバイスしてもらったくらい。
市場に着いた4時ごろまでに、防寒対策に毛糸の手袋と帽子を買って、さらに、風邪薬まで買うことになってしまったのでした。
f0073974_193544.jpg

でも、風邪薬を飲むために入った、市場の目の前のカフェは居心地よかったなー。
広すぎず、BGMもちょうどいいボリュームだったし。
ホットチョコレートに可愛い模様が作られていて、癒されました~。
風邪薬も溶かして飲むタイプで、Pさんに見せると「いい薬を買ったね」て言ってもらえました。
フィンランドらしく、ベリー味で、でもハッカみたいなスースーする感じもあって、おもしろい薬でした。
日本でいう、漢方薬みたいなものかな?

そんな、寒さに震えた私には、old marketは寒すぎて、さらに魚ばっかり過ぎました。
晩ごはんを食べようかな、と思っていた食堂のメニューは小魚の揚げ物がメインで、そこにフライドポテトがプラスされるというもの。
オイリー。
体調を崩した人向けじゃなかったなー。

ちなみに、この市場はそんなに満喫できなかったのだけど、なんと、帰国当日に過密スケジュールで行ってみたハカニエミ市場は最高に楽しい市場だったのでした!
可愛いクッキー型に木のカトラリー、木ベラ、それにパンケーキ用の重たいフライパン、マリメッコの器に布小物。
すべてハカニエミで見つけて購入。
もっともっと可愛いものがありそうなお店がたくさんあったのだけど、時間がなくって泣く泣くトラムに乗りました。
Pさんにとって、きっとそういう雑貨はどこにでもある平凡なものなのですね。
生活する上ではold marketの魚の方が重要だものね。
人それぞれに求めるものは違うんですね~。

あっ、でも、もちろんold marketもお天気がよければ楽しいに違いありません。
船上レストランもあったので、次回は行きたいな。
[PR]
by ayats29 | 2011-12-11 01:23 | Suomi

寿司ブーム!フィンランド

f0073974_23402737.jpg
f0073974_23404689.jpg


ヘルシンキ中央駅で、おもしろい箱みたいなものがありました。
近づいてよーく見てみると・・・、なんとそこは寿司折の販売所でした。
朝8時はまだ営業していなかったのだけど、お値段も安くはなくって、でもこんな中央駅の真ん中にあることにびっくり。
港にあるオールドマーケットにも”SUSHI BAR"があったので、「あらぁ、フィンランドでもお寿司って人気なんだな」て思ってました。
そうそう、ウワサ聞いていた通り、フィンランドの握り寿司の具はほとんどがサーモンでした!
そりゃ、美味しいでしょうねー。

この寿司人気、ずっと前からのことなのかと思っていたら、Pさんいわく「2年前くらいから若い人たちの間で急に人気が出たのよ。」とのこと。
Pさんの娘のHちゃんも週末、ボーイフレンドとのデートにお寿司食べに行ってきたと話してました。
そこで、改めて「最近、ブームになったの?」と聞いてみると「前からSUSHIってものは知ってたけど、みんながおいしい!て思うようになったのはここ数年だね。」てことでした。
でも可笑しいのは、「冷凍寿司っておいしいの?」て聞かれたこと。
?????!?!?!?!?とちょっと頭を混乱させながら、えぇぇ、"Frozen SUSHI???"と聞き返すと「あら。日本じゃ冷凍しないの?やっぱり買わなくてよかったわー」てお返事が。
いやぁ、冷凍寿司、食べてみたい。

寿司がきっかけで日本食について話が及んで、その場にいたほとんど皆(6人)が日本食、特に寿司に興味津々だってことが分かりました。
Hちゃんや、Pさん宅の部屋を間借りしているPaさんも、立派な分厚いJapanease foods BOOKsを見せてくれました。”TOFU”ていう豆腐のことを詳しーく書いた本も。私がほしいくらい、写真が綺麗で情報満載の本でした。
そしてふたりとも、海苔巻きに挑戦した経験があって、Pさん宅には巻き簾がなんと3つもあって、海苔も使いかけを含めていくつもあって、お米もあると発見!
「でもお米をうまく炊けなかったし、海苔を巻くのも難しかった・・・」と口をそろえるふたり。
これは、作るしかないよねー。っていうことでフィンランド滞在最終日には、私がPさんにフィンランド料理を教わってる横で、Hちゃんに海苔巻きを教えてあげる、という楽しいことになったのでした。

このことについては、また。つづく・・・!

f0073974_23515039.jpg

[PR]
by ayats29 | 2011-10-22 23:53 | Suomi

私の好きな場所・・・フィンランド・ホームステイにて

f0073974_23275868.jpg

フィンランドのことを思い出しては書き始めて、10日ほどが経っちゃいました。
この間、京都でも素敵な場所とか気持ちのよい空間を見つけたりして、「ブログで紹介したいなぁ」と思ってるのですが、とにもかくにもフィンランドでのたっぷりの思い出を書いてから、京都の日々についても書いていきたいと思ってます。

ここは私が大好きなPさんのお宅のある一室。
貝殻がたくさん。夏の思い出なのでしょうね。
お部屋の窓辺と同じく、さりげなく、可愛いコットンのハンカチがカーテンとしてかけられています。
お香らしきものもあって。
f0073974_23281256.jpg

さて、この部屋はなにの部屋だと思いますか?

f0073974_23282841.jpg

実は・・・、2Fのバスルーム&トイレなのです!

このハートのヘッドレスト(枕)は娘さんからのお誕生日プレゼントだとか。
ここに頭を乗せてバスタブに身を沈めたときの幸せといったら・・・!
今回はキャンドルを燈して、お香を焚いて入ることができなかったのだけど、それができたらまた最高だろうなぁ。(天井から吊るされた「鳥かご」みたいなのの中には太めのキャンドルが入っているのです!)
1Fにも大きなシャワールームがあって、その横にはサウナがあるのだけど、このコンパクトな可愛い空間も居心地満点でした。
f0073974_2334449.jpg
f0073974_23351056.jpg

[PR]
by ayats29 | 2011-10-22 23:37 | Suomi

白樺かご作り in フィンランド!!

f0073974_633659.jpg

f0073974_635114.jpg


フィンランドでは白樺の皮でかご作りにも挑戦しました。
Pさん宅には白樺林があります。
佇まいがとても素敵なんです。
その白樺の皮が自然とむける初夏、お友だちと一緒に皮を剥いで、まだ柔らかい皮を使っていろんなかごを作るそうです。
Pさんのカゴ、本当に美しい。
f0073974_6112461.jpg

☆中に入っているのは教えてもらったプッラ。
日本では「シナモンロール」の名前でお馴染みです。
f0073974_6113882.jpg


当初、Pさんはヒンメリづくりを教えてくれるつもりだったみたいなのだけど、私の希望はどうしても「かご」作りでした。
☆ヒンメリはワラで作る可愛いオーナメント。Pさんの玄関にもかけてあった。Pさんのヒンメリは大人っぽくて素敵。ヒンメリもやってみたいけど、今回はそれよりとにかく「かご!」と思ってたのです。
f0073974_617290.jpg


いろいろとお家にたくさんある、Pさん手造りやいろんな旅先で見つけたというカゴを指差しては「あれを作ってみたい」と言ってみたけど、どれも初心者の私が短時間では作れないものばかりだったみたい。
ということで、簡単に素敵なかごを作れる方法を教えていただいたのでした。

皮は大きな「宝箱」のような入れ物に保存してありました。
大分かたくなってたけど、それでも折り紙みたいに折り曲げることができます。
ポカポカと暖かいお日さまを浴びながら、ガレージでレッスン。
1コ作って、あとは実習。
かごを留めるのはすぐそばに生えた柳。
柳を抜いて、茎をたて半分に裂いて、先を少し尖らせて。
フィンランド人が子どもの頃から使えるようになるという小刀Puukkoを使って、危なっかしい手さばきでがんばりました。
・・・このPuukko、Pさんがフィンランドの最北端、ラップランドに旅したときにサーミ人にもらったものだとか。
皮のサックがかっこいい!
4つ作ったカゴ、最後の1コは繊維の方向を間違えちゃったので、ちょっと裂けてしまったけど・・・、なかなか可愛くできたー!
なんとか入れ子にもなりました。
3時間、集中して作りました。
途中、Pさんが休憩のハーブティーを淹れてきてくれたり。
そういうさりげない心遣いに胸が一杯になっちゃいます。
f0073974_6214482.jpg

f0073974_68213.jpg

f0073974_672927.jpg
f0073974_68454.jpg

[PR]
by ayats29 | 2011-10-21 06:27 | Suomi

フィンランドのオーブン?かま?

f0073974_02075.jpg

ふたつ前の日記に書いた、私の部屋にあった黒い棒?みたいなもの。
これはなんと、薪オーブンの煙突でした。
空気口といった方がいいのかな?
これは1Fのキッチンからリビング、サウナにまで続く大きな大きな釜からつながっているのです。

f0073974_0204484.jpg
f0073974_0205241.jpg

f0073974_0232928.jpg

大きな白い、かまくらみたいな存在感のある物体。
名前をPさんに聞いてみたけど、”It's oven."とのお返事。
うーん。オーブン、なだけなのかな。
暖めると暖房になる、と話してくれたとおり、一度だけ薪をくべたときは部屋が気持ちのよい暖かさになりました。
お家を手造りしたPさん、オーブンも手造りなのかなあ。
なにでできているのか、どうやって造ったのか、聞きそびれてしまったのでまたお邪魔したときに聞こうと思います。
いや、その前にフィンランドに詳しい方に聞こうかな。
[PR]
by ayats29 | 2011-10-21 00:34 | Suomi

食べたものinフィンランド!・・・外食と普段のごはん・・・

f0073974_11205978.jpg

フィンランドではヘルシンキで2回、食事した以外はPさんの手料理をいただきました。
といっても、料理&菓子教室をしてもらったとき以外の食事はとってもシンプル。
お子さん達が独立したこともあって、最近はあんまり料理もしてないっていうPさん。
教室をしてもらったときがちょうど週末で、お嬢さんや甥っ子さんたちが遊びに来ていたので「Ayaのお陰でgood foodsを食べられたわー」て喜んでもらえてよかったです~。

こちら↑は滞在3日目の朝食。
フィンランド人はコーヒー消費量世界一と聞いていたので、着いてすぐの夜に「何か飲む?」と言われて張り切って「コーヒー!」と応えた私。
でもPさんからは「コーヒー好きなの?私は飲んだことないけどね」との返事がっ!
「えっ、えっ。だって・・・」とうろたえていると「あぁ、確かにフィンランド人はコーヒーが好きだから、いろんなコーヒー豆をストックしてるのよ。でも私は苦手なの」とのことでした。
実は私もコーヒーは好きだけど、実は紅茶やハーブティーの方が好き。
何度かコーヒーを淹れてもらったけど、お庭で取れたハーブで入れたお茶の方に私が大喜びするのを見て、Pさんも「コーヒー淹れようか?」とは聞かなくなったのでした。
この日のハーブティーはお庭のアップルミント。
綺麗なグリーンイエローでいい香り。
美味しかったなぁ。

f0073974_11155435.jpg

一番豪華だったかな?と思うのは老舗カフェEkbergでのスープビュッフェ。
でもとーにかくこの日の私は寒くって風邪引いてしまったので、甘いケーキを食べる気持ちにはなれなくてスープにサラダにサラダにスープ、という感じのチョイスになったのでした。
とはいえ、せっかくだからと食べてみたケーキもビュッフェ用だし、とびきり美味しいといこともなく・・・。

f0073974_11184014.jpg

この日の晩ごはんはパンじゃなくて、スープじゃないものがよくてこちらになりました。
場所はチョコレートメーカーとして有名なFazer。
いま思えば名物のホットチョコレートくらい飲めばよかったなぁ、て思うのだけど見たこともない美味しそうなケーキにも食指が伸びなかったのでしたー。
f0073974_11163994.jpg


そのほかはporo(トナカイ)の燻製やお豆のスープ、オートミールなど。
そこにPさんお手製のジャムやソース、ジュースをいただいたのが美味しかった!

料理・菓子教室をしてもらったときの豪華!?メニューはまた後日。
f0073974_11115864.jpg
f0073974_11121040.jpg
f0073974_11121920.jpg

f0073974_111726100.jpg
f0073974_111819.jpg

f0073974_11195663.jpg

[PR]
by ayats29 | 2011-10-16 11:12 | Suomi

私のお部屋 in フィンランド

f0073974_824517.jpg


高かったけれど、タクシーで順調にホストのPさんのお宅に着きました。
空港からお宅までの道のりの景色は森。森森森。
白樺林がずーっと見えました。
木々は秋色に染まってきていました。
トップの画像は到着翌日のヘルシンキでの写真ですが、こんな色の木々がずーっと見えて綺麗でした。

到着すると、Pさんが傘をさして走り出てきてくれました。
kiitos!(ありがとう!)
玄関では靴を脱ぐことがわかって嬉しい~。
やっぱり靴を脱げる生活ってラクチンです。

数年前に離婚したご主人と二人で建てたというお家、とーってもかわいくて素敵だった。
広大な敷地の中にあるかわいいお家です。
インテリアの配し方が日本人感覚とは違っていて、空間の使い方が上手でした。
そして私が4日間を過ごすお部屋に案内してくれました。
壁が薄い緑色。
窓にはさりげない小さな木綿のカーテン。
テーブルにはPさんお手製のピンク色のキャンドル。
すべてがかわいいー!
まさしくcozy room でした。

小さめのベッドはイエロー系でまとめられていました。
かわいいレースのカバーをはずすと、華やかなチューリップ柄のシーツが現れました!
黄色いシーツとグリーンのシーツの組み合わせがとっても心地よかった。
f0073974_7311410.jpg

f0073974_7312230.jpg
f0073974_731361.jpg


部屋の片隅にはこんな椅子が。
これがとーっても座り心地よかったです。
今回は時間がなかったけど、この椅子に腰掛けて読書するのも楽しそう。
f0073974_7314257.jpg
f0073974_7315167.jpg
f0073974_7321617.jpg


クローゼットの上を見ると、なにやら棒?のようなものが?
さて、これはなにでしょう?
それは次の日記に書こうと思います。
f0073974_7322213.jpg

[PR]
by ayats29 | 2011-10-16 08:10 | Suomi