「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:文化( 37 )

東山フェスタ@東山青少年活動センター

f0073974_0432013.jpg
f0073974_0433477.jpg


先日、東山フェスタに参加させていただきました。
今回のワークショップは「刺繍のハンカチづくり」。
こちらにレポート載せています。よかったらご覧ください!
東山フェスタのブログでもご紹介いただきました。こちらもよかったらご覧くださいね。

ロビーではいちかわともこさんの個展「summer snow」が開催されていました。
これまでの作品の数々。
素敵でした。
作風、タッチの変化も見ることができて、とても素敵な展示でした。
お近くの方、ぜひ足を運んでみてください。
[PR]
by ayats29 | 2010-08-02 00:54 | 文化

神戸へ

f0073974_14363349.jpg

先日、神戸へ行きました。
フェリシモの「神戸学校」の講演会招待券の抽選に当たったのです!

友人とふたり、出かけた先は神戸の「総合運動公園駅」。
遠かった…。
自宅から2時間ほどかかってしまいました。
でもとっても気持ちのよい場所で、友人とも「運動公園に運動しに来たんだっけ?」と言ってしまうくらい運動したくなるロケーションでした。
そして、フェリシモの巨大自社ビルにびっくり!
何度もフェリシモ本社にお邪魔したことはありますが、三宮にある本社は自社ビルではありません。
自社ビルはないのかと勝手に思っていましたが、郊外にあるのですね。
「ここを探検したいね~」と言いながら入ってみてまたびっくり!
すご~く綺麗でした。
f0073974_1451590.jpg

f0073974_14412164.jpg


この日の講演会は「暮らしの手帖」編集長、松浦弥太郎さんによるもの。
松浦さんがとっても若いと知ったのは、この講演会のお知らせの写真を見てでした。
お名前から、勝手に70歳くらいの方を想像していたのびっくり。
今回の講演では、編集長に決まった時のいきさつを詳しく話されていて、それにもびっくり!
私はここ数年、「暮らしの手帖」をときどき買っていますが、数年前までは「この雑誌があの有名な『暮しの手帖』?そんなにおもしろくないなー」なんて思ってました。
松浦さんが編集長になったころから、私もこの雑誌が好きになったことを知りました。
一人の力はすごいものです。

会場から1Fへ続くらせん廊下にはこれまでに「神戸学校」で講演した方々による作品が展示されていました。
冒頭の画像は谷川俊太郎さんのもの。
詩はもちろん、文字もいいなー。
下の画像は皆川明さんのもの。
かわいいワー。
f0073974_14371283.jpg

[PR]
by ayats29 | 2010-04-21 14:49 | 文化

「菊の節句」に菊茶と中国茶

f0073974_083617.jpg
f0073974_085311.jpg
f0073974_092043.jpg










今日は9月9日、重陽の節句です。
3月3日を「桃の節句」というように、9月9日は「菊の節句」とも呼ばれています。

そんな今日、久しぶりに好日居さんにお邪魔しました。
今日の「重陽の節句」にちなんで菊茶をウェルカムティーとしてご用意くださっていました!
流石~。
びっくり驚きの出会いもありました。
アトリエでスタッフをしてくれている友人Mちゃんのお友だちが、Mちゃんの紹介で好日居さんにいらっしゃったところだったのです。
関東からいらっしゃったOさん。
初めてお会いしたのだけど、お隣にお邪魔して好日居さんと3人、楽しい時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました!

何度もお邪魔している好日居さんだけど、初めて座るカウンター。
テキパキと働く好日居さんに見とれながらいただく岩茶は最高でした。
9月のしつらいも素敵でした。

6月にアトリエでお茶会を開いてくださった好日居さん。
近ごろ、さまざまなところでのお茶会に大活躍のご様子。
好日居大ファンの私としては、すべてのお茶会に参加できないことが残念でなりません。
次は隠れた山荘でのお茶会。
ゆきたいなー。

*もうひとつのブログ、更新してます。
今回は10月開催の「陶芸教室」と「スターフェリシモ」についてです。

f0073974_094273.jpg
f0073974_010722.jpgf0073974_0102364.jpg
[PR]
by ayats29 | 2009-09-10 00:27 | 文化

手作り絵本

f0073974_6373671.jpg

昨日は花園のほうまで、「手作り絵本作品展」を見に行きました。
こちらの作品展のことはチラシを見て知ったのですが、そこに以前、アトリエFint,takk!での教室に参加してくださったAさんのお名前を見つけてびっくりしました。

手作り絵本、どんなものか全然想像できずにお邪魔したのですが、とってもステキでした。
この作品展は村上浩子さんの教室で学ばれた方たちの作品展。
みなさん、イラストも文章も文字もいろいろ考えながら作られたのがよくわかって、その想いに心が熱くなります。
仕掛け絵本もあったり、写真を使ったものもあったり、作風はいろいろ。
Aさんがお子さんと一緒に作られた絵本もとても可愛かった~。
驚いたのは、小学2年生の女の子の作品。
小学生でも絵本がつくれるなんてすごい!とびっくりしました。
彼女の夢は「絵本作家になること」だそうです。
村上さんとの出会いが彼女の人生を大きく動かしているのですね。
すごいことです。

あまり時間がなかったのですべての絵本を見ることができなくて残念でした。
一緒に行った上のコもいろいろ読んでとっても楽しかったみたい。
絵本作り、いつか挑戦してみたいです。
[PR]
by ayats29 | 2009-05-25 07:11 | 文化

日杳さん「まんまるライブ」へ!

f0073974_443696.jpg
f0073974_455235.jpgf0073974_4613100.jpg







f0073974_471863.jpg
f0073974_473956.jpg

5月9日、日杳さんで初のライブがありました。
その名も『まんまるライブ』。
この日は満月の日だということでこのタイトルをつけられたのだそうです。

いつも素敵な日杳さん。
開場の18時に着くと、なんだかそこはいつもより華やいでワクワク感がみなぎっていました。
私のテンションも一気にお祭気分に・・・!
今回は友人たちが出演者だったこともあって、なんだか私もソワソワ。
やっと定位置を見つけて座ったころ、開演時間となりました。
ライブ中は日杳さんのオープンサンドとアップルタイザーやジンジャーエールをいただきました。
フレッシュなお野菜がおいしかったなぁ。

ライブのはじまりには、ご夫婦のデュオ、アコニカさんが登場。
アコースティックギター+ピアニカなのでアコニカさん。
ご夫婦での息の合った演奏、とてもとても素敵でした。
お客さまの中にはお二人のお子さんがいらっしゃいました。
お父さんとお母さんがたくさんの方の前で仲良く演奏する姿を見るのって、どんな感じなのかな?
ギターもピアニカもうたもすっごくよかったので、きっと自慢したくなる気持ちだろうな。
なんだかアコニカさんの子どもになってその気持ちを感じたくなっちゃいました。

続いてはアコースティックギターとクラシックギターのデュオ、つちだるまさん。
つちだるまさんは昨年12月、アトリエFint,takk!でのライブにも出演してくださいました。
ニックネーム、おっちゃんといっちゃんのお二人がまた味があるふたりなのです。
あぁ。
やっぱりいいわぁ。
最高。
大好き。
と、ずっと思ってました。
私のお隣にはいっちゃんのお仕事関係の方がいらっしゃっていて、終始「彼はすごいなぁ。こんな才能があるんやなあ。へぇー。」と感心されてました。
本当にそうですね。私もそう思います。

最後はアコーディオンとヴォーカルのデュオ、あむかんさん。
こちらはあむちゃん+かんちゃん=あむかんさん。
製本教室もしてくれているあむちゃん、イラストも上手でイラストに合わせながら唄う曲もいくつか披露してくれました。
いやー。あむちゃん、いい声!
低く深く優しく、まさしくあむちゃんそのものの声にしびれました。
そしてかんちゃんのアコーディオン。
いやぁ。よかった。
アコーディオンを生で聴いたのは初めてのように思います。
哀愁がありつつ力強くてよかったです。
かんちゃんはアコーディオン教室もされているそうです。
行きたいー。
5月22日、23日には細見美術館でライブもされるそうです。
行きます。もちろん。

うたや楽器ってやっぱりいいなぁ、と思い続けた2時間のライブでした。
じんわりと感激しました。
出演者のみなさん、日杳さん、素敵な満月の夜をありがとうございました!

*つちだるまさんは来月、アトリエFint,takk!のリニューアルオープン記念イベントでもライブをしてくださいます!詳細はこちらをご覧ください・・・。
*あむかんさんの中尾あむさんのアトリエFint,takk!での製本教室も7月から再開します。
こちらもどうぞお楽しみに!
[PR]
by ayats29 | 2009-05-10 04:42 | 文化

『ことばのはおと』個展へ

f0073974_16581054.jpg

『ずっと行きたいと思っているお店』はいくつもあるのですが、
ゴールデンウィーク中にそのひとつに行くことができました。
西陣のほうにある古書と茶房 ことばのはおと です。
このお店のことを知ったのはもうずっと以前のこと。
雑誌で見たり、フライヤーで見たりしていたのだけど、場所がわかりませんでした。
1年前くらいに場所がわかって、何度も前を通ったりしていたのにタイミングが合わなくて。

と、今回、すごいタイミングがやってきました!
なんと、名古屋の北欧喫茶ミュシカさんで偶然となり席になった方が ことばのはおと で個展をされるということでDMをいただいたのです!
すごーい。
その方は増田朝子さんとおっしゃいます。
笑顔がとっても素敵でたくさんおしゃべりしたくなる方でした。
なんとも魅力的なイラストにも一気に惹きつけられて、増田さんに会ったウチの子とふたり、「おねえさんの絵、観に行こうね」と楽しみにしていました。

古いけど清潔で素敵な空気の流れている京町家 ことばのはおと。
そこに増田さんの絵が静かに並べられていました。
どれも静かなのだけど秘めた強さを感じさせる作品。
素敵でした。

一緒にいった子どもたちも自分たちのようにも見える女の子の絵に引き込まれてました。
そして、ことばのはおと にたくさん置いてある絵本やぐりとぐらのカルタを散々愉しみましたー。
いやぁ、楽しかったぁ。
増田朝子さんの個展は5月14日(水)まで開催されています。
もう一度いきたいな。
[PR]
by ayats29 | 2009-05-08 17:09 | 文化

アスティエ・ド・ヴィラット

f0073974_12183662.jpg
f0073974_12191785.jpg
f0073974_12224669.jpg









casierさんへ行きました。
お店のディスプレイにほしいなぁ、と思っていたアスティエ・ド・ヴィラットの器を。
可憐なスズラン。
1枚1枚、ちょっとずつ表情が違うのでじっくり眺めて1枚を選び出しました。
嬉しい。
casierのオーナーさんとのおしゃべりも楽しかった。
ハーブティーを3種類もいただいたので、嬉しくてお皿に盛ってみたりして。
お菓子をちょっとずつのせてみたいです。
[PR]
by ayats29 | 2009-05-03 12:20 | 文化

モーネさんで『かえる食堂』

f0073974_1244266.jpg

先日、二条城のすぐ近くにあるモーネさんへ行きました。
4月12日まで、かえる食堂 松本朱希子さんの新刊出版を記念した展覧会が開催されています。
松本さんの黒糖カステラをいただいて、ジャムもお土産にしました。
柑橘類のジャムなのですが、松本さんのジャムはちょっと変わってます。
夏に作られるという夏みかんのジャムをベースにして、旬の果物をそのジャムにプラスしていく、という作り方です。
ラーメン屋さんとかの『足しつづけられる秘伝のタレ』みたいな感じ・・・?
苦くて甘くて爽やかで、美味しいジャムでした。
[PR]
by ayats29 | 2009-04-08 12:12 | 文化

絵本いろいろ

f0073974_226124.jpg
f0073974_2261990.jpgf0073974_2265823.jpg









f0073974_2282148.jpg

f0073974_2273159.jpgf0073974_2274841.jpg









名古屋から京都に帰ってきました。
今回の名古屋滞在では意外とたくさんの本屋さんに行って、いろんな本に出合いました。
旅の最初は本山の『絵本のエトワール』に始まり、最後は今池の『メルヘンハウス』で2時間も絵本の世界に浸りました。
私の大好きなお話「ラプンツェル」が大好きなバーナード・ワッツの挿絵で描かれた絵本を見つけて、自分用に買ってしまったり、イジー・トュルンカの絵本の1ページを見つけたり、子どもがどこからか綺麗なチェコ絵本を見つけてくれたり。
チェコ語、もちろん分からないのだけど、絵を見ながら想像するのも楽しいです。
名古屋に行くと必ず立ち寄る雑貨屋さん、ル・プチマルシェではチェコ絵本専門店cedokの方が書いた「チェコへ 絵本を探しに」がどうしても気になってしまって。
ちょっとだけはまっているチェコ絵本の世界、もっとはまりたくなってきました。

京都に一緒に帰ってきた本たち、じっくりじっくり読んで眺めていきたいです。
[PR]
by ayats29 | 2009-03-30 02:32 | 文化

カシニョール展へ

f0073974_730582.jpg

先日、京都伊勢丹にある美術館「えき」へ行きました。
いま、「カシニョール展」が開催されているんです。

カシニョールの絵、私にはなぜか懐かしい感じがします。
私が子どもの頃、贈答用になっていたお菓子の缶とかパッケージにカシニョール風の女性が描かれたものが多かったような気がするし、メナード化粧品の絵など、美人画が広告によく使われていたからかな・・・?
黒柳徹子さんがモデルになった作品も素敵だった。
どれも静かで凛とした雰囲気の作品たち。
観ている方たちも静かに作品に見入っていて、私もそうしたかったのだけど・・・。
子どもたちを連れて行ってしまったのでそんなわけにもいきませんでしたー。

それにしても、伊勢丹は建物の構造がちょっとフクザツです(私にとっては)。
何度も迷ってしまいました。
次回の『田川啓二の世界 オートクチュールビーズ刺繍展』がたのしみだなぁ。
今度はひとりでいかなくちゃ!
[PR]
by ayats29 | 2009-03-25 07:46 | 文化