「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

お手伝い

f0073974_421079.jpg

最近、子ども達の『お手伝いしたい熱』がすごいです!

先日はふたりでお掃除してくれました。^^
1歳の娘は掃除機のホースを持つのがやっとでしたが、5歳の娘はかなり上手に
『掃除機をかける』ことができて驚きました。
「つぎ、この辺かけてね~!」というと「は~い!」といってせっせとかけてくれて
案外助かりました。

私が野菜や果物を切ろうとすると、「トントンしたい~!」と切りたがることも増えています。
「時間がかかってちょっとメイワクだなあ」とも思っていたのだけど、
お手伝いしてもらえると楽そうだと分かったので、これからはもっと色々教えてあげようかな!?
f0073974_4212059.jpg

[PR]
by ayats29 | 2006-05-31 04:41 | 日々のこと

イッセー尾形のこと

f0073974_10452228.jpg

テレビでイッセー尾形の一人芝居を放映していました。

イッセーさんのお芝居観るのは何年ぶりだろう?
東京にいたとき以来なので、6年は経っています。
新作も収録されていたのですが、昔観たことがあるバーテンダーとか、『幸せ家族』とかがおもしろかった!
なんだか、観たころのことなんかも思い出しちゃいました。

なんと、私の実家である金沢にはイッセー尾形のアトリエがあるんです!
あんなに有名な人なのに、イッセーさんも所属事務所(?)の森田オフィスの人々も
とても腰が低くて、びっくりするくらいアットホームなイベントをされていました。
ネット検索してみたら、今でもそのアトリエでアットホームなイベントをされているようで・・・!
行きたくなりました。

私は2回ほどアトリエでのライブにお邪魔しました。
なぜか1度、差し入れにマドレーヌを作って行ったことがあります。
年配の女性スタッフに「あのぉ~、マドレーヌを作ったのでよかったら皆さんで
お召し上がりください」と渡そうとしました。
と、女性は「あ!はいはい!ありがとうございますっ。ちょっと待ってくださいね!」と
言うが早いか、オフィスの奥へ消え、そしてイッセーさんご本人を連れてきてくれたのです・・・!
イッセーさんは恥ずかしそうに下を向きながら「あ、はい。どうも、ありがとうございます」と
言って受け取ってくれました。
私もまさかご本人に手渡すことになるとは思っていなかったので、なんだか恥ずかしくて
「あ、あの、こ、これ、作ったんで、あの、どうぞ・・・」とかいう風にしどろもどろになった覚え
があります。
いい思い出です。
夫はこのイベントとは別の『みんなで飲んで語り合いましょう』というようなイベントに参加
したことがあります。
その時ももちろん、イッセーさんが登場して普通に板の間に座っていたらしいのですが、
参加者はみんな遠慮してイッセーさんを遠巻きに見るような形で座っていたのだそうです。
夫は『イッセーさんをひとりぼっちにするみたいで逆に悪いな』と思ったそうで、一人、
イッセーさんの前に座ってひざを突き合わせる形で飲み交わしたそうです。

こんな風に、有名になっても飾らないイッセーさんや森田オフィスの方々。
本当にすごい人って周りに気配りができる人なんだなあ、と思いました。
なんだか、いろいろ思い出して心がほかほか温まってきました。
f0073974_10581021.jpg
f0073974_10582228.jpg

[PR]
by ayats29 | 2006-05-30 11:24 | 文化

ジャワ島地震

昨年に続いてまた、インドネシアで大きな地震が起きました。
f0073974_16121717.jpg

震源に近い都市、ジョグジャカルタは私が初めて個人旅行で行った土地です。
友人との2人旅行でした。
ジョグジャカルタの近くには世界遺産にもなっているボロブドュール遺跡(仏教遺跡)がありました。
この写真(時事通信 配信)に写っている遺跡はヒンドュー遺跡のブランパナンのように見えます。

私は知人の知人がホームステイしていたお宅にお世話になりました。
ベチャという乗り物のおじちゃんや布地屋さんのおじちゃんの笑顔をとてもよく覚えています。
みんな、どうしているでしょうか・・・?
結構、都会のイメージだったジョグジャカルタ。
ニュースの映像ではかなりの建物が倒壊しているようでした。

避難生活を強いられている人々が一日でも早く落ち着いた生活に戻れることを願っています。
そして、命を落とした方々のご冥福を心からお祈りいたします。
[PR]
by ayats29 | 2006-05-29 16:23 | つれづれ

またまた和久傳へ

f0073974_713780.jpg

また、和久傳の茶菓席へ行ってきました!

まず最初に美味しい水出しの緑茶を出していただきました。
前回はあられを浮かせた昆布茶だったのですが、少し暑い日だった今回は水出し緑茶、というところがさすがです。
お茶通の方に「和久傳は本当に美味しい玉露を頂ける、京都で数少ないお店ですよ」と教えていただいたので、今回は玉露を頂きました。
お菓子はれんこん菓子の『西湖』か求肥菓子の『わたぼうし』から選べます。
先日、西湖を頂いたので今回は『わたぼうし』にしてみました。

美味しかったです。すべて。
「玉露は甘い」と思っていたのですが、こちらの玉露は甘いながらも程よい渋味もあって、甘すぎなくて本当に美味しかった。
2煎目、3煎目も指し湯がなくなるまで、最後まで美味しくいただくことができました。
『わたぼうし』も添えられた『くるみの和三盆がけ』も美味しかった~。

今回は母を連れて行ったのですが、母もすっかり気に入っていました。
各テーブルにさりげなく生けられたお花も素敵でした。
今のメニューは『菖蒲蒸し』や『甘夏のゼリー』など、この季節のものです。
きっと季節が変わるとメニューも変わるので、今度お邪魔する時にはどのようなお菓子に出会えるのか、楽しみです。
f0073974_7133853.jpg

f0073974_7141130.jpg

f0073974_7145412.jpg

f0073974_7143862.jpg
f0073974_7151557.jpg

[PR]
by ayats29 | 2006-05-29 07:28 | おいしいもの

ハイアットリージェンシー 京都

f0073974_6565290.jpg

ハイアットリージェンシー 京都へ行ってきました。

当初、京都国立博物館で開催されている『大絵巻物展』に行く予定だったのです。
ところが、行ってみるとそこには『180分待ち』の大行列が・・・。
諦めて向かいのホテル、ハイアットリージェンシー京都で遊ぶことにしました。

このホテル、昨年までは『パークホテル』という古いホテルでした。
インテリアもスタッフの方々も『昔ながらのホテル』という雰囲気でしたが、お庭の緑が美しいし、至る所にソファーがあったので時々お邪魔してのんびりさせてもらっていました。
そこが今年、ハイアットリージェンシーに変身したのです。
変身してから行くのは今回が初めて。
かつてのパークホテルの雰囲気を残しながらもオシャレに、洗練された雰囲気に変わっていてびっくりしました。
国立博物館や三十三間堂への観光客、ホテルをチェックアウトする人々でロビーはごった返していました。

2階のトラットリアでランチすることにしたのですが、『30分待ち』とのこと。
「180分待ちよりはいいか」ということで待つことにしました。
その間、ちょっとホテル探検をしてからロビーに戻って気持ちの良いソファーに座っていると、ホテルの外国人スタッフの男性がお茶を淹れて下さいました!
爽やかな美味しいジャスミンティーでした。
トラットリアにはイタリア人シェフらしき人がいて、かなり濃厚な味付けのパスタに「イタリアの味」を想像したりして、美味しい楽しかった。

しばしの間、旅行気分になることができたハイアットリージェンシー。
また遊びに行きます!
[PR]
by ayats29 | 2006-05-29 07:11 | 京都

美術館めぐり

f0073974_935915.jpg

3つの美術館をめぐってきました。

まずは左京区の小さな美術館、思文閣へ。
『京繍・長艸の仕事展』を観てきました。
うちわや掛け軸に刺繍したものも素敵だったけど、能装束が美しかった~!!
京繍(きょうぬい)教室をされているそうなので、やってみたくなりました。
でも京繍は正絹に施すので、材料費だけでもかなりのものに・・・。
ちょっと敷居を高く感じてしまいました。

それから中京区の文化博物館へ。
こちらでは『発明王 エジソン展』を見ました。
実際にエジソンが作ったものが展示されていて、びっくりしました。
100年前の音をエジソンが作った蓄音機で聞くこともできて、楽しかった~!
プラスチックのコップに声を録音する実験もしてたんですよ。
小学生くらいの子どもがたくさん来ていて、彼らが目を輝かせて展示を見る姿
も微笑ましくて、幸せな気持ちになりました。
色々な機械の解説を読みましたが、なぜそんなものが作れるのか、やっぱり
理解できませんでした・・・。
かつて日本銀行京都支店だったホールでは、コンサートのリハーサルが
行われていて、美しいピアノの音色が響いていました。

最後は左京区の泉屋博古館(せんおくはっこかん)へ。
ここは今回、一番期待していたところでした。
展示よりも「建物やお庭が素敵なのではないかなあ?」と期待していたのです。
と、ところが・・・。
広々とした緑の中庭は素敵だったのですが、建物はなぜか全体に歪んで造られて
いるのです。
最初の『青銅器』の展示室に入ってみると、壁が斜めになってます。
窓もなくて大きな船の船底にいるような気分。
壁が斜めで天井も低いので平衡感覚がうまく働かなくなります。
展示室に一歩踏み入れた瞬間から「こ、これは好みじゃないかも・・・」と思ったのですが、
一通り見てみることに。
すると、5つほどある第1展示のお部屋にはどこかで出土された青銅器がずらーっと
並べられていました。
「な、なんだか青銅器に見つめられているみたい」と思いながらなんとか青銅器の
展示室を通り抜けました。
『花鳥画展』も同時にしていたのでそちらに望みをつないだのですが、展示室につくと
薄暗いお部屋にまたもや古い年代のものらしき花鳥画がずらーっと並んでいて・・・。
こちらは描き手の気持ちも部屋中に充満しているような気がして、怖くなって
思わず引き返してしまいました・・・。
あぁー、こわかったー。

また別の展示があったら、もう一回泉屋博古館に挑戦してみようかな・・・?
f0073974_941147.jpg

[PR]
by ayats29 | 2006-05-28 09:32 | 文化

母の日に

f0073974_075235.jpg

実家の母にやっと母の日のプレゼントができました。
プレゼントしたのは手作りのバッグとティッシュケース。
義母には本当の母の日の翌日に贈りました。

母のバッグはリネンにバラが描かれたフランスの布で、義母のバッグはスイスの華やかなインテリアファブリックで作りました。
内側にもサーモンピンク色やオレンジ色の麻布を合わせました。
どちらも、普段手にしないような高級な布でしたが、やっぱりよい布を使うと仕上がりも綺麗だな、と作った私が嬉しくなりました。
柄が大きいので「どの部分をバッグにしようか?」と考えるのも楽しかった。

二人とも、気に入ってくれたのでよかったです!
f0073974_0125283.jpg
f0073974_083271.jpg

f0073974_0131324.jpg

[PR]
by ayats29 | 2006-05-27 00:16 | 新作

京都のお団子

f0073974_6551631.jpg

先日、旦那さんが包み紙をぶら下げて帰ってきました。
「あら!サザエさんで酔っ払って帰ってくる波平さんみたい!」と思っていたら、中身はお団子でした。
祇園にある有名なお団子屋さんのものです。
このお団子屋さん、とーっても小さなお店で午後から夜までしか営業しない、という変わったスタイルのお店です。

お店の軒先で食べたことはあるのですが、お土産タイプは初めて。
包み紙を開けるときな粉ありタイプときな粉なしタイプに分けて包んでありました。
梅園のお団子と同じで、こちらも餡をたーっぷり入れてくれています。
きな粉タイプは餡より上にきな粉が入っていて、串を袋から出す時に餡が絡まったお団子にきな粉が自然にまぶされる、という「なるほど~!」の入れ方でした。
柔らかすぎない固めのお団子、おいしかった!
甘いものが苦手な長女もたくさん食べていました。
そしてたーっぷりある餡だけ食べても美味しかった!!

このお店のこともラ・マルティーヌを教えてくれた後輩が「ここの団子、おいしいですよ」と教えてくれました。
で、そのときも「ふーん?」と結構冷ための反応を返してしまった・・・!
お、お詫びしなきゃいけないことが一杯・・・。

f0073974_656042.jpg
f0073974_6561130.jpg

[PR]
by ayats29 | 2006-05-26 07:03 | おいしいもの

ラ・マルティーヌのお菓子

f0073974_638947.jpg

おいしいケーキ屋さんを知りました!
先日、葵祭のときに上賀茂神社で『社頭の儀』を観るはずがみら観られなくなって、意気消沈して歩いていると、このケーキ屋さんが目に留まりました。
このケーキ屋さん、前から存在は知っていて、素敵な外観だし、いつか入ってみたいと思っていたのです。
「社頭の儀をみられなかったし、元気付けにケーキでも買おうかな!?」と自分に勝手な言い訳をしてお店に入ってみました。
すると、豪華な外観とは違って、思っていたよりもずっとリーズナブルなケーキが並んでいたのです!
そこで購入したのがこの1台のケーキ。
『本日のタルト りんごとマロンのタルト』でした。
なんと、この直径12cmくらいのケーキはお値段1000円だったのです。
そしてそのお味は、おいしくてびっくりしました!!
お酒を効かせたクリームと煮りんご、さくさくのタルト生地の組合せがとてもよかった。

そして先日、またもや直径12cmのケーキを求めてこのケーキ屋さんに行きました。
夕方だったので1台タイプのケーキはもう売り切れていて、仕方なくシュークリームを購入。
そうしたらまた、このシュークリームがおいしくて!
お値段のことばかり言うのも何ですが、このシュークリームも1個140円という今時リーズナブルなお値段でした。
ハードタイプのシュークリームですが、周りのシュー全体がガリガリに硬いわけではなくて、上にカリカリッとしたクッキー生地のようなものがのっていて、おいしいのです。
なにより、カスタードクリームがたっぷり入っていて、感激しちゃいました。

実は数年前、後輩が『ここのは美味しいですよ』と言ってこのケーキ屋さんのパウンドケーキを買ってきてくれたことがあったんです。
確かその時、1台タイプのケーキの話もしてくれたのに、パウンドケーキがそれほど好みではない私は「ふーん?」と冷たい反応をしてしまったのです・・・。
近々、彼にお詫びしなきゃ・・・!

これからしばらくはラ・マルティーヌに通うことになるかもしれません!
f0073974_6382764.jpg
f0073974_6384196.jpg
f0073974_6385368.jpg

[PR]
by ayats29 | 2006-05-26 06:48 | おいしいもの

甘夏の皮

f0073974_6314473.jpg

たべものの話が続いていますが、またたべものについて・・・!
皮を使おうと思って、無農薬栽培の甘夏を買いました。
作りたいものはマーマレードや甘夏ピール。
まずはマーマレードに初挑戦してみました。

こういった皮を使う場合、まずしっかりとゆでて苦味・アクを出して柔らかくしないといけないのですね。
ジャム作りよりちょっと手間がかかります。
今回はみかんの皮だし、みかんの蜂蜜と一緒に炊くことにしました。
ところが、ペクチンを作るのに重要な檸檬がなくて・・・。
できあがったのは『甘夏の甘煮』でした。
なんだか色が黒ずんでしまったのも、檸檬がなかったからかも?
これは柚子茶のようにして使おうと思っています。
おいしい作り方、ご存知の方がいらっしゃったら教えていただきたいです!!
f0073974_6312810.jpg

[PR]
by ayats29 | 2006-05-26 06:35 | おいしいもの