「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

久しぶりの『ちいさくて かわいいものづくり レッスン』

f0073974_7415723.jpg
f0073974_7421373.jpg

久しぶりにMijas Pittoo(ミハス ピトュー)さんでの『ちいさくて かわいいものづくり レッスン』を開催しました。
今回の教室は『しあわせの学校 ~秋のオープンクラス~』にも登録した最初の教室です。

初めての方もこれまでに何度か参加してくださった方もあって、とても嬉しく楽しいひと時を過ごさせていただきました。
今回作るのは『携帯ケースまたはデジカメケース』。
最初に、作りたいケースのサイズを決めます。
まずは表布・内布を決め、型紙を切って布を裁断を裁断するところから始めました。
今回は内布が表布に少し見えるデザインだったので、みなさん、いつも以上に布選びに時間をかけられてました。
この時間が楽しいんですよねぇ。
衝撃に強くするためにキルト芯をはさんで袋状に縫って、口を作って、バネ口をはさみます。
バネ口、はさむとついつい「ぱっくんぱっくん」したくなりますね。
そこに持ち手を付けて、ボタンを飾ったら完成!
持ち手は黒・茶・赤の3色をご用意したのですが、意外にも赤が一番人気でした!
私も好きな赤なのですが、「真っ赤」じゃなくてピンクがかったくすんだ赤なんです。

みんな無事に完成して、よかったです!
最後はこのレッスン恒例のおやつタイム。
Mijas Pittooさんのドリンクに、私の手づくりお菓子をお出ししています。
今回作ったのは『はちみつのスフレチーズケーキ』。
はちみつはクリーミーだけどあまりクセのない『カナダ産クローバーはちみつ』にしました。

半年間お休みさせていただいていた『ちいさくて かわいいものづくり レッスン』。
再開させていただけてとても楽しかったです。
教室を始めたことでたくさんの素敵な方々に出会うことができ、本当に幸せだということを再認識させていただきました。
ご参加くださった皆さん、Mijas Pittooスタッフのみなさん、ありがとうございました!

・・・次回は11/17,11/22にLoft MARIKOJIさんで『布雑貨づくり教室』を開催します。
作るのは『あったかファーのもこもこバッグ』。
こちらの教室も『しあわせの学校 ~秋のオープンクラス~』に登録させていただいています。
Loft MARIKOJIさんではパティシエさんの特製デザートプレートかランチセットが付いていますよ。
[PR]
by ayats29 | 2007-10-31 07:50 | Mijasさんでのレッスン

オーガニック紅玉のジャムを つくる+つつむ+たべる

f0073974_0574963.jpg
f0073974_0594966.jpg

f0073974_111671.jpgf0073974_113449.jpg











8月に『海の時計』づくりにお邪魔したモーネ寺子屋へ行きました。
こちらのお部屋、本当に気持ちのよい空間でした。
今回は『“JAM(ジャム)”つくる+つつむ』というタイトルで大人向けのワークショップだったのですが、先生のご了解をいただいたので子どもたちも連れてお邪魔しました!

無農薬栽培の紅玉林檎を使って作る今回のジャム、その魅力はなんと言っても『色』。
美しいベビーピンクというか、ルビー色というか・・・。
紅玉林檎の皮からその色を出して作ります。
たくさんの林檎を3つのお鍋に分けてジャムにして、瓶に詰めたら、ため息の出る美しさの林檎ジャムの完成!
ジャムが完成したら、続けてそのジャムをつつむ方法を教えてくださいました。
シールをいろんなところに貼ったり、林檎の種をちょこっと貼り付けてみたりする、という楽しいラッピング方法を教えていただきました。
ここは子どもたちの出番です!
丁度、参加者一人あたり二瓶のジャムをいただけたので、そちらにいろいろと工作してもらいました。

ワークショップの間、先生がジャム作りのいろんなコツを話してくださったのですが、私は子連れだったのでそのお話の半分くらいしか聞けなかったかな~。
でもその間、子どもたちはなんと、『マンツーマン・ワークショップ』状態でお絵描きさせていただいてしまいました!
モーネ寺子屋さんの皆さんはとても優しくて前回同様、今回も感激しました。
「子どもも来る」ということで何かと心配してご準備くださったようで、すみませんでした。
子どもたち、まずはジャムのラベルにするための林檎の絵を描かせてもらってました。
ちゃんと林檎も目前に置いての『模写』です!
なんとなく模写できてました~!
それを使ってのラッピングもできました。
今回も親子ともども本当に楽しい時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました!

家に帰る途中にヨーグルトを買い、早速「林檎ジャムヨーグルト」にしました。
子どもたちと一緒に食べて、ちょっと私が家仕事をしてテーブルに戻ってみると・・・、すでに1瓶がカラになってました!
おいおい、食べすぎだよ~。でも自分で作ったんだし、たまにはいいかな。
最後の写真は今回の『2歳児カメラマン』のベストショット!2歳児から見える世界ってこんな感じなんですね~。
f0073974_184975.jpg
f0073974_191466.jpg

[PR]
by ayats29 | 2007-10-29 07:34 | イベント

上賀茂神社の手づくり市

f0073974_618624.jpgf0073974_6182974.jpg








f0073974_6184459.jpg

昨日は快晴!最高の秋晴れ!!
そして毎月第4日曜日は上賀茂神社の手づくり市の日です。
これまで、その存在は知っていたけどなかなか行けませんでした。
今回は友だちと一緒に車で行ってみました。
予想以上に駐車場が混んでいて慌てましたが、やっぱり上賀茂神社は気持ちよかった~!
上賀茂神社はときどき遊びに行く場所で、そういえば昨秋も日記に書いてました。

こちらの手づくり市は有名な『知恩寺の手づくり市』のように開催日が「毎月15日」という風に日にちで決まっているのではなくて、毎月必ず日曜日にあるというところが魅力ですね。
さらに、上賀茂神社の境内は広いので200店舗も並んでいて、お客さんが多くても知恩寺ほどの行列状態にはならないところも魅力。
さらにさらに、境内に小川が流れていて、広々とした緑地もあるので子連れには最高!
先日カフェにお邪魔したHoneyAntさんも出店されると聞いていたし、ほかにも知ってる方がお店を出されていると思っていたのだけど、見つけられませんでした・・・。
でもいろいろとおいしい食べものに出会いました!
パンを出されているお店が多くて、私が買い物した4つのお店のパンはどれもとーってもおいしくてびっくりしました。
次にお邪魔するときには一日中、上賀茂神社でのんびりしたいと思います~。
[PR]
by ayats29 | 2007-10-29 06:33 | 京都

北山ハロウィン

f0073974_7182632.jpgf0073974_7183866.jpg










北山にジャック・オ・ランタンのライトアップを見に行きました。
京都の北山では、10年前から『北山ハロウィン』というハロウィン・イベントをしています。
28日には仮装パレードもあるようです。
子どもたちがお化けや魔女などに扮装して"trick or treat!(お菓子をくれないといたずらするぞ!)"と叫びながらご近所のお家を回る、というものをパレード化したのですね。
マレーシアに住んでいた友達は親の方で事前にご近所の方々にお菓子を配っておいて、それを子どもたちに渡してもらっていたそうです。

北山でハロウィンのイベントをしているということは数年前から知っていましたが、行ったのは初めてでした。
予想はしてたけど・・・、雨にも降られたのでそんなに大きく盛り上がったイベントでもなく、ときどき明かりが灯されたジャック・オ・ランタン(かぼちゃお化け)の置かれたエリアがありました。
でも明かりの灯ったジャック・オ・ランタン、初めて見たのでおもしろかったです。
ウチの2歳のコがカメラマン気取りでカメラ片手に一人でどこでも歩き回って写真撮ってたのが可笑しかった。私の真似して「あ、ここでとるわ」とか言いながら撮ってました~。
右側の写真が2歳児の作です!

日本にも名前がすっかり浸透したハロウィン。
でもその起源を知ってる人ってごくわずかではないでしょうか?
かくいう私もその一人。
『ジャック・オ・ランタン』については2年前に日記に書くときに調べたのですが、そのほかのことまでは調べ切れませんでした。
ということで、調べ物好きの私、またいろいろと調べてみました!
・・・ここからはいつも以上に長文ですー。・・・

ハロウィンはアイルランドから伝わったものだそうです。
収穫に感謝するケルト人のお祭りが起源で、キリスト教の「万聖節」が11月1日だったのでそれと併せて、前夜祭として10月31日に盛大にお祝いされるようになったようです。
万聖節はカトリックの行事で『亡き聖人たちを祭る日』なのだそうで、『聖人』を意味する英語は"Hallow"。
All Hallow's EveがHalloweenへと名前を変えていったらしいです。
友だちが「日本のお盆と同じなのかな?」と言っていたのですが、似ているみたいですね。
ハロウィンは聖人だけではなく「死者の魂が1年に1度だけこの世に戻ってくる日」と考えられていて、キリスト教では10月31日~11月2日まで、死者の魂を慰める行事を行っているのだそうです。

子どもたちがお化けの扮装をして近所の家々を歩いてまわるのも10月31日。
仮装するのはあの世からやってくる魂に混ざってやってくる魔物にあの世へ連れて行かれないため、という説があるそうです。
以前、アメリカのTVドラマで『主人公(20代後半の女性)が見知らぬ子どもたちにドアをたたかれ"trick or treat?"と言われるので無視していたらいたずらされて仕方なくお菓子をあげた』というシーンがありました。
子どもにとっては楽しいイベントだけど、ホントにそんなことがあったら困っちゃいますね~。
もともと宗教行事として始まった頃は"trick or treat!?"なんて言いながら子どもが行進するなんてことはなかったのでしょうが、死者の魂を慰めるための行事に遊び心を加えたところがおもしろいですね。
最初にそんなことを始めた人を知りたい!

ハロウィンの起源、子どもたちの扮装についてはちょっぴり分かったけど(すっきりは分かってはいないけど)『カボチャお化け ジャック・オ・ランタン』はどう関係してくるのでしょうね?
調べてみると、長い長い歴史の中でいろんな変遷があって今の形になったのだろうな、ということが想像できました。
『かぼちゃお化け』のことは『ジャック・オ・ランタン』と呼ばれていますが"Jack O' Lantern"を直訳すると『ジャックのちょうちん』となります。
ジャックの提灯にまつわるこんなお話があるのだそうです。
『昔々、よくないことばかりするたジャックという人がいました。
そのジャックさん、悪いことをしては悪魔に魂を取られそうになるたび、巧妙に悪魔をだまして「ジャックの魂は取らない」という約束をさせていました。
そして、寿命がつきたジャックさんがあの世へ行こうとしたとき、あの世の入り口で悪魔に「お前の魂は取らないと約束したから来た道を戻れ」と言われてしまいました。
仕方がないので引き返したのだけど、道は真っ暗で何も見えないのでジャックさんが悪魔に「何か明かりをくれ」と頼んでもらったのがカブで作った提灯。
それからジャックさんは永遠にあの世とこの世の狭間をカブの提灯片手にさまよい続けている。』
気の毒な話ですね・・・。
アイルランドではかつて、カブの中身をくりぬいてロウソクを立てて提灯(ランタン)にしていたのだそうです。
そして、ハロウィンの日にはカブに恐ろしい顔を彫り軒先においておくことで「ジャックの提灯だぞ。悪魔よ、近寄るな。」という魔除けにしていた、ということのようです。
この風習が数多くのアイルランド人がアメリカに渡ったときに持ち込まれ、アメリカではカブよりもかぼちゃが手に入りやすかったのでハロウィンの日に『かぼちゃお化け』を作るようになったのだそうです。

ハロウィンのときにはもうひとつ、おもしろい風習があるそうです。
私は初めて知ったのですが、ハロウィンパーティでは必ず林檎を使った料理やゲームがあるそうです。
それはハロウィンが生まれた頃、採れる果物と言えば林檎くらいだったからのようです。

ひとつのお祭りから見えてくる世界は壮大でおもしろいですね。
長い歴史の中でいろんな変化があっただろうし、世界各国でその楽しみ方は様々でしょうし。
先人たちの色々な想いに想像を巡らせるのも楽しいものです。
ハロウィンをただ単なる『お祭り』として伝えるだけではなくて、その歴史にまで目を向けて子どもたちに伝えていきたいものです。
[PR]
by ayats29 | 2007-10-28 08:29 | 京都

スターフェリシモ 『しあわせの学校 ~秋のオープンクラス~』

f0073974_711222.jpgf0073974_7113874.jpg








f0073974_7114747.jpg

少しずつ、フェリシモさんの媒体に私たちスターフェリシモ第3期生の活動が掲載されそうです。
私が参加するお仕事としては今のところ、金曜日にインタビューがあった『「しあわせの学校」ムックシリーズ』のご紹介、私が来春構えるアトリエができるまでの『aie』さんの記録取材(連載になる予定です)、そして『しあわせの学校~秋のオープンクラス~』への参加が決まっています。

『秋のオープンクラス』には私がこれまでにもしてきた『布こものづくり教室』を登録していただきます。
「Fint,takk!の教室、フェリシモも応援してますよ~!」という意味合いになるそうです。
教室内容の詳細はこちらのブログでもご紹介していますが、しあわせの学校サイト上でも近々、詳細が載ります~。
『秋のオープンクラス』に登録した教室にお申し込みいただいた場合、これまで通りの私からのご連絡のほかにフェリシモから「しあわせの学校」に関するお知らせが届くことになります。このことについてはすでに教室へお申し込みくださった方にも改めてご説明いたしますね。
では、「しあわせの学校 秋のオープンクラス」登録教室の内容を改めてご紹介いたします!


*フェリシモ しあわせの学校 ~秋のオープンクラス~*

① 『便利で可愛い! バネ口・革の持ち手の 携帯ケースづくり』
日時:10/30(火) 13:00-15:30
場所:Mijas Pittoo
レッスン料:3,500円
(キット、つちなが あやの手づくりケーキ、Mijas Pittooのドリンク料金含む)
申込方法:詳細はこちら

 『あったかファーのもこもこバッグ』

日時:(1)11/17(土) 14:00-16:30(デザートプレート付き)
    (2)11/22(木) 11:30-14:30(ランチプレート付き)
場所:Loft MARIKOJI
レッスン料:4,000円
(キット、デザートまたはランチプレート料金含む)
申込方法:Fint,takk!またはフェリシモ しあわせの学校サイトから(まだ掲載されていません)

③  『可愛さをプラスする コサージュづくり』
(画像は昨年作った「フェルトのコサージュ」。今年は布を使って作ります。今年の画像は準備中です。)

日時:(1)12月1日(土)  14:00-16:30(デザートプレート付き) 
    (2)12月13日(木)  11:30-14:30(ランチプレート付き) 
    (3)12月19日(水)  13:00-15:30(つちながあやの手づくりケーキ・ドリンク付き)
場所: (1)(2) Loft MARIKOJI
     (3) Mijas Pittoo
レッスン料:3,500円 (税込み、キット、ケーキまたはランチプレート料金含む)
申込方法:Fint,takk!またはフェリシモ しあわせの学校サイトから(まだ掲載されていません)



このほか、『オープンクラス』には登録しませんが、こんなワークショップもします。

『手ぬいで作る ウールのあったかマフラー』

日時: 12/8(土) 13:00~16:00
場所: 東山青少年活動センター
レッスン料:2,500円(材料費込み)
申込方法:11/1 13:00から東山青少年活動センターにて受付開始


* 『ベビーとキッズのこもの教室』
  ~ベビー小物づくり『がらがら と にぎにぎ(赤ちゃんのおもちゃ)』~

日時:12月12日(水) 14:00~16:00
   (15:30ごろからデザートセットでのおやつタイムです)
場所:Loft MARIKOJI
レッスン料:3,000円(キット、デザートプレート込み)
申込方法:Fint,takk!つちながまで(finttakk@apost.plala.or.jp)
※赤ちゃん、お子さん同伴でのご参加OKです!

       

よかったらご参加くださいね~!
[PR]
by ayats29 | 2007-10-28 07:12 | フェリシモ

スターフェリシモ、お仕事いろいろ

f0073974_9402943.jpg
f0073974_9434219.jpg

昨日はフェリシモ本社に取材を受けにお邪魔しました。
今回は『しあわせの学校』が出版した本に関してお話するお仕事でした。
スターフェリシモ1期生の方々や『しあわせの学校』内の各種検定に合格された方々にもお会いできて楽しかったです。
秋の気分満載のおいしいお弁当もいただいちゃいました~。

フェリシモ本社は戦前に建てられた建物をベースにした重厚な造りの朝日ビルディングにあります。
ときどき強い雨が降っていた昨日は山も海もあまり見えませんでしたが、2次選考にお邪魔した8月は青い青い空と深い青い海が一望できて、本当に気持ちがよかったです。
21階のオフィスからは神戸ビエンナーレ出展作品の「光アート」があるビルの壁もよく見えました。
これは『神戸光プロジェクト』といってイタリア人アーティスト ファブリツィオ・コルネーリ氏が創ったもので、壁に24枚の大きな羽根が設置され、日中、その羽根に自然光が当たることでひとつの絵を描き出すというものなのです!
太陽の動きとともに絵が変化し、季節によって完成した作品を見ることができる時間が違うとか・・・!おもしろいですね~。
昨日はあいにくの雨で太陽光がビルの壁にまで当たらなかったので、陰すらも見ることはできませんでした。作品の詳細はこちらに掲載されています。
また今度お邪魔するときに見られるといいなぁ。
[PR]
by ayats29 | 2007-10-27 10:37 | フェリシモ

Honey Antでのブランチ

f0073974_056777.jpg

f0073974_151293.jpg

f0073974_057463.jpgf0073974_0571721.jpg









素敵なお店に行きました。
いつもとってもお世話になっているVesna!オーナー、愛称うさぎさんに連れて行っていただいたのはHoney Antさん。
こちらは数年前からいろんな手作り市で天然酵母パンを販売されてきた方が今年5月にオープンされたお店です。
こちらのブログは数年前に『天然酵母』で検索して拝見したことがありました。
静かな住宅街にふわっと佇んでいる一軒家で、ぬくもりと清潔感の溢れる爽やかなお店でした。
こちらには天然酵母パンはもちろん、具材がたくさん入ったキッシュやスープやごはんものなどなど、いろんなメニューが揃っています。
今回はブログを拝見して気になっていたキッシュやスープセット(なんと、パンのお代わり自由!!)、そして自家製のマシュマロをいただきました~!
マシュマロは高校生のときに作って「自分で作るとなんておいしいんだろう!」と思ったのを思い出しました。
どれもおいしかった~。
オーナーさんも笑顔が素敵でご自分が創り出すものへの愛情に溢れた方でした。

今回、うさぎさんとは「ちょこっとモーニングでも」ということでお会いしたのだけどHoney Antさんの「ランチももうできますよ」との言葉にブランチに変更。
ちょこっとモーニングのはずががっちりブランチになり、ちょこっとお話のはずががっちりお仕事のお話ができました。
もぅ、ものすごく楽しいことがいろいろできそうで、うさぎさんと二人して興奮してしまいました・・・!

Honey Antさんをあとにして、北野天満宮の縁日をちょっぴり覗きに行きました。
毎月25日は北野天満宮の祭神、菅原道真の誕生日6月25日、薨去2月25日にちなんで盛大な縁日があります。
京都の方は親しみを込めて『天神さん』と呼んでますね。
私は東寺の『弘法さん』には行ったことがありますが、天神さんはまだ未体験。
今回はせっかく近くに来たので行こうと思ってました。
でも次の予定があったので露店の端っこを見ることしかできませんでした・・・。
境内よりもずっと手前から露店が並んでいてびっくりしました。
今度また、天神さんに行ってからHoney Antさんでのんびりしたいな~。
f0073974_1474926.jpg

[PR]
by ayats29 | 2007-10-26 01:54 | つれづれ

Leafさんとのご縁

f0073974_7314336.jpg
f0073974_732171.jpg

数日前、京都の月刊情報誌Leafさんからご連絡をいただきました。
Leafでは11月25日発売の1月号で『ファミリー特集』を組まれるのだそうです。
「京都や滋賀の小さな子どもがいるママやパパたちに、もっとおでかけしたり遊んだりして『子育て』をエンジョイして欲しい!」と考えての企画だそうです。
そのお考え、いいですよね~。
昨年も年末に『ファミリー特集』があって、親子で参加できる教室紹介のコーナーに私が行ったことがある2つの教室が紹介されていました。
今回はそちらにFint,takk!のことも載せたいとのこと・・・!
ただ、『ファミリー特集』なので私がこれまでに定期的に開催している『布こものづくり教室』ではなく、手作り子ども服やベビー小物関連を取材したいとのこと。
Fint,takk!のHPやこのブログも詳しくご覧になってくださったようで、とても嬉しいお話でした。
でも、今ないものについての取材の打診って珍しいですよね?

私はずっと以前から「ベビー・キッズ関連の教室を開催したい」と思っていました。
そこで、産婦人科のマタニティ教室への参加を打診したり、この夏には東山青少年活動センターで『ベビー小物シリーズ』として2回(1回め2回め)のワークショップをさせていただきました。
11月には保育園で子ども向けの雑貨を作る話もまとまってきたところ。
そこへ今回のLeafさんからのお話。
「これはいい機会!」ということで、『ベビー&キッズ小物教室』を新しく創ることにしました!
会場にお願いしたLoft MARIKOJIさんからもご快諾いただいたので、いろいろと新しいアイディアを練っています。
詳細が決まったら、またブログ等々に掲載させていただきます!

Leafさんからのお話がなければいま、「ベビー・キッズ小物づくりの定期教室をする」という考えには至らなかったと思います。
何がどんなことに展開するか分からないものですね。
掲載記事がどのようなものになるかはまだ分かりませんが、こんな『きっかけ』をいただけて本当に嬉しいです。
Leafさん、ありがとうございます!
[PR]
by ayats29 | 2007-10-25 07:50 | お知らせ

八百屋さん

f0073974_14175146.jpg

今日は朝からいつもいく大好きな八百屋さんに行ってきました。
こちらはすぐ近くにある花街、宮川町のお茶屋さんや料亭、割烹のご主人たちも買い物に来る八百屋さんです。
新鮮なお野菜や果物がかなりお安くいただけるので好きです。
春に大量の苺を買ったのもこの八百屋さんでした。
さらに、お店のおじちゃんたちが優しくて、たくさん買うと必ず車まで荷物を運んでくれるところもこのお店のファンになっちゃった理由。
たまに『ドラゴンフルーツ』のような変わったものも置いてあるのがおもしろいです。

いつもついつい同じようなお野菜ばかり選んでしまうので、今日はちょっと違ったものを買ってみました。
大きなカリフラワー、葉っぱもきれいな小かぶ、ホワイトアスパラガス、それに京野菜。
大きくてツヤツヤ光った加茂茄子に大きな大きな京芋を買ってみました。
京芋、食べるの初めてです。
「どうやって食べるとおいしいですか?」と聞いてみたら「そやねぇ、大体みなさんえび芋みたいに炊かはるねえ」とのこと。
んむむむ。えび芋、あんまり食べたことないのでよく分かりません・・・。
でもえび芋よりちょっと固いとのこと。
味噌煮とかあんかけにしたらおいしいかな?

今日は八百屋さんの前にNHKの車が停まってました。
「何かの撮影ですかねぇ?」ときいてみたら「あぁ、この辺はよく来はりますよ。『舞妓HAAN』の撮影もこの辺でしてはりましたよ」とのこと。
そうなんだー。八百屋さんにとってはテレビ撮影があるのも『日常の光景』なのかもしれないですね。
今日のお昼、テレビをつけたらNHKの生中継番組に八百屋さんの近くの『あじき路地』が出ていました。
この撮影だったんですね。
八百屋さんも映っていたのかなぁ?見逃しちゃいました。
[PR]
by ayats29 | 2007-10-23 14:28 | 京都

早起きは三文の徳②~クラブハリエ!~

f0073974_6552640.jpgf0073974_6554477.jpg










f0073974_726821.jpg

f0073974_656241.jpgf0073974_6562054.jpg








※写真はお店の方のご了解を得て撮影しています。


・・・ひとつ前の日記のつづきです・・・
昨日はいつもより早く家を出て大原の朝市へ行き、近江八幡まで足を延ばして温泉を楽しんだあと、八幡山ロープウェイへ向かいました。
ロープウェイ乗り場は日牟禮八幡宮の少し奥にあります。
3年か4年前にも「ロープウェイに乗ろうかな」と思って訪れたときはあまり人がいなくてがらーんとして、静かなところでした。
丁度そのころ『たねや』が経営している『クラブハリエ』が建設中だったことも思い出しました。
「そういえば、クラブハリエってバウムクーヘンで有名なところだったと思うよ。行列しないと買えないんじゃなかったかなぁ?そこも行ってみようか。」とか言いながら行ってみると、びっくりするくらいたくさんの人と車がクラブハリエ、日牟禮八幡宮周辺に溢れてました・・・!
県外ナンバーの車も多いです。
『クラブハリエ』の建物の向かいには『たねや』もあるのですが、どちらもすごい人!
圧倒されながら、ひとまず噂のバウムクーヘンを見に行くことにしました。
お店の外まで行列があるのかと思ったらそこまでではありませんでしたが、『焼きたてバウムクーヘン』を求めてたくさんの人が並んでいました。
行列の奥に目をやると美しい緑が見えたので出てみました。
と、そこには驚くほど美しい庭園が広がっていました!!!
ほかのお客さんが「なになに、なんなのこれは~!?」と叫んでたんですが、私もまさにそんな気持ち。
静かな近江八幡にこんな世界が広がってるなんて、本当に驚きました。
噴水があって、その奥にはなんだか分からないけれどキラキラ光る美しいシャンデリア?のようなものがありました。
6歳の子どもに「見て見て、なんかキラキラしてるよ!」と興奮して言ったら「なんかちゃうやろ。ふんすいやろ。」と言われたのですが、噴水じゃないのよー!
綺麗~。
あまりのことにしばし言葉を失い、しばし撮影にふけり、落ち着いてよく見るとうさぎの石造がお庭に置いてあったりしました。
そしてこのお庭のそばにはカフェがありました!
カフェにも長い列ができていました。
でも「ここでのんびりお茶したい~」と思っちゃいました。
まあ、今回は子連れなので諦めて、珍しく、みんなが並んでる『焼きたてバウムクーヘン』の行列に並んでみました。行列に並ぶのなんて久しぶりです。
でもすぐに『焼き立てじゃないバウムクーヘン』の売り場には誰も並んでないことに気がついて、そちらに移動しました。行列についたの、20秒くらいかな?
無事にバウムクーヘンを買うことができました。

クラブハリエ体験もできたし「さて、ロープウェイに乗ろう!」と思ったら・・・、
人酔いしたのか、早くから出かけた疲れが出たのか、入浴後の疲れなのか、上のコが乗らないと言い出しました・・・。
下のコは乗る気満々だったのだけど、いろいろとなだめて説得して今回は帰ることにしました。
うーん・・・。でも次は平日にでも来て、ロープウェイに乗ってからクラブハリエでのんびりするのもいいなぁ。

すぐそばの八幡堀では小さな遊覧舟がのんびりと航行していました。
f0073974_6564864.jpg

[PR]
by ayats29 | 2007-10-22 07:38 | 日々のこと