「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

受け継ぐもの 受け継ぐこと

f0073974_833959.jpg

昨年末から着付けを習い始め、顔見世にも着物で出かけましたが、今年はいつになく着物を着る機会がありそうです。
そこで、持っている2つの着物に合う帯と小物を友人に見立ててもらいました。
ひとつは私が結婚するときにつくってもらった加賀友禅。
結納のときに1度着たきりだったのだけど、その時にあわせた帯はもう若々しすぎて私にはちょっとおかしくなってました。
そこで袋帯を新調することに。
もうひとつは顔見世のときにも、数年前の私自身の大学院修了式のときにも着た母の牛首紬
こちらは母が結婚するときにお嫁入りに持たされたもので、織った上から染めを施した凝ったものです。
母からは「職人さんが遊びでつくったみたいよ」と聞かされてました。
この牛首紬に合わせる帯がひとつしかなかったので、思い切ってこちらも新調することに。
これまで、着物まわりのことは友禅問屋だった母の実家に母と出かけて、周りの人に決めてもらってばかりでした。
自分で最初から選ぶのは初めて、それも京都でそんなことをするのは初めて・・・!
着物に詳しい友だちが頼りです。

まずは帯やさんに連れて行ってもらいました。
私の好みが分からなかったということで、いろんな種類の帯のあるお店を選んでくれました。
ひゃ~~~!
帯がいっぱい~!
素人の私はなーんにもわからないのでとにかく着物を見てもらいました。
すると・・・。
なんと、私が持ってる着物はどちらもとても良いものだということが分かりました。
母からはどちらの着物についても「いいものだよ」と何度も聞かされてはいたのだけど、京都の着物のプロの方たちからも「いいもの見せてもらいました」と言われてしまいました。
となると、帯も良いものをあわせないと着物とのバランスが悪くなるのだそうです。
「この訪問着に合わせるとなると本当はこのくらい締めてほしいですね」とお薦めされたものは全く手が出ず・・・。
お店の方を困らせつつもなんとか、素敵な帯を選び出していただきました。
牛首紬のほうは「これまでにしていたものと雰囲気が違うほうがいいな」と希望を伝えたら、友人が私では絶対に選ばない帯を選んでくれました。
個性的な柄なのだけど、不思議と着物に合うのです。
さすがだなぁ。
牛首紬はピンク系の色味で、持っていた帯もピンク系だったのだけど、友だちはそこに黒系の帯を合わせてくれました。
なるほど~。
「『着物上級者』ていう感じがしますね」とお店の方。
ええええ~。しょ、初心者なんですけど・・・。

いいものをたくさん見せていただいて、いろいろと細かな着物のルールも教えていただいてとても勉強になりました。
何より、母や父がそんなに良いものを私に遺してくれたということに胸がつまりました。
その想いを伝えたいときに相手がいないのは悲しいけれど、そのことがわかっただけでもよかったです。
少しずつ、着物のことを勉強しながら大切にしていきたいです。
そして、子どもたちにも引き継いでいきたい。
こうして母の代から受け継いだ「もの」。
それを前にして、では、母が私に引き継ぎたかった「こと」はなにだったのかな?と思います。
そして私が子どもたちに引き継ぎたい「こと」は何だろう。
じっくりと考えていきたいです。
[PR]
by ayats29 | 2008-01-31 08:47 | つれづれ

上七軒散歩*『おばけ』

f0073974_7312543.jpg
f0073974_7315767.jpg









f0073974_7324391.jpg
f0073974_7321169.jpgf0073974_7322288.jpg












先日、上七軒へ行きました。
上七軒は北野天満宮のすぐそばにある花街です。
京都で一番古いのだそう。
なんと、『室町時代に北野天満宮の再建の際に残った機材を使って7軒の茶店を建てた』ので『京都の上(北)にある7軒』ということで『上七軒』と呼ばれるようになったのだとか・・・!
その後、花街として発展していったのだそうです。
歴史が長いですねぇ。

そんな上七軒、これまでにも何度か歩いたことがあるのに、今回初めて気がつくお店がたくさんありました。
洋食やさんにがま口やさん、洋菓子やさん、和菓子やさんに和装小物のお店、うどんやさんまで。
小さなエリアにいろんなお店がぎゅっと並んでいてびっくりしました。
「いままで気づかなかったけどよーく見るとお店がたくさん」ということが京都はよくあります。
そういうところがおもしろくて大好き。

寒い寒い日だったのでうどんやさんの『ふた葉』で鍋焼きうどんをいただきました。
すごーーーーく美味しかった!
お店を出るともう、辺りは真っ暗でした。
お茶屋さんには『節分のおばけ』の貼紙が。
私はまだ見たことがないのだけど、節分には舞妓さん芸妓さんが仮装して芸をするのだそうです。そのことを『お化け』というそう。『節分に出てくる鬼をびっくりさせて追い払う』ということみたいです。
花街を練り歩くこともあるという『節分のお化け』。
一度は遭遇してびっくりしてみたいです。
f0073974_7323561.jpg

[PR]
by ayats29 | 2008-01-29 07:46 | 京都

バター不足ケーキ*たこ焼きパーティー!

f0073974_1152957.jpg
f0073974_1184847.jpgf0073974_1183944.jpg









最近、バターが不足してます。
数年前、牛乳の消費量が減ったことを理由に国が生乳の減産調整をしてしまったんです。
牛乳を捨ててる映像を見た記憶があります。
牛たちも『減産』になってしまって・・・。
その影響でいま、バター製造用の生乳が極端に足りなくなってしまっているのだそうです・・・!
これから生乳用の牛を育てたとしても以前のようにバターを製造できるようになるまでには3年くらいかかるとか・・・。
私がいつも行く製菓材料専門店でも「バターはお一人1個のご購入でお願いします」となっていたのが、先日いってみたらついに、バターが1個もなくなってました!
ネットショップのクオカでもいろいろ苦心している様子が伺えます。
ほんとに、お役人さんたちももう少し先のことまで考えて施策してほしいものですよね・・・。

ということで、仕方がないので私もバターとマーガリンを混ぜたものでケーキを作ってみました。
私はマーガリン独特の臭いが苦手なのでドライフルーツやナッツをたくさん入れてみました。
ドライフルーツは紅茶でふやかしてみて。
マーガリンが入ってるので軽い感じの『バターケーキ』になりました。
でもやっぱり臭いがちょっと気になるな・・・。
やっぱりバターのほうが美味しいかな~?

『バター不足バターケーキ』と姫りんご(『アルプス乙女』ていう品種でした!)を持って、お招きされた「たこ焼きパーティー」に行ってきました~!
友だちが2時間くらいずっとたこ焼きを焼き続けてくれて、秘伝の技も教えてくれて、熱々はふわふわカリカリで美味しかった!
[PR]
by ayats29 | 2008-01-27 11:49 | おいしいもの

もうすぐ節分!

f0073974_11133968.jpg

もうすぐ節分ですね。
京都の節分は盛大な行事目白押しです。
今年こそは昨年も逃してしまった吉田神社の『鬼やらい』を見に行こうと思っています。
でも壬生寺にも行ってみたいし、須賀神社の懸想文(けそうふみ)売りにも会いに行きたいなぁ。
せっかく週末に重なった今年の節分。
行事の詳細をチェックして計画的にいろんなお寺巡りをしたいです。

ちなみに今年の吉田神社のポスター、例年よりも可愛いですね。
・・・十分怖いですが、例年はもっともっと迫力たっぷり怖いのですー。
この時期になると必ず保育園に貼り出されます。
初めて見たときは子どもたちと一緒に心底こわがりました。
[PR]
by ayats29 | 2008-01-24 11:25 | 京都

イノダのプリン!

f0073974_1536350.jpg
       
f0073974_154044.jpg
f0073974_1663353.jpg
f0073974_161938.jpg












今日は大寒ですね。
さすが大寒だけあって京都はとっても寒いです。
雪は降っていませんが遠くの山々は白くなっています。

昨日は『曇りときどき雨』でした。
雨の休日の過ごし方って難しいです。
河井寛次郎記念館へ行きたいと思ったのですが、絶対に寒いので諦めました。
「寒いねー。どこいこー?」といいながら、子どもたちと東山青少年活動センターで遊んでみたり、ちょっとドライブしてみたりしてから「そうだ!イノダに行こう!!」と閉店間際のイノダコーヒーへ行くことに。
週末のイノダコーヒーは行列ができ、夕方にはショーケースのケーキがすっからかんになってることが多いのですが、昨日はお客さんもまばらでした。
窓から見える庭園が美しかった。
そして、幻のプリンも残っていました!
こちらのプリンは銀のお皿にのってサーブされます。
卵の味がしっかりする懐かしい感じのプリン。
子どもも私も大好きですが、平日は置いてないのだそうです。
週末に5個くらいしか置かないというお品。
何度注文しても「本日はございません」と言われることが多かったのですが、昨日はありました~。
よかった。おいしかった。
わが家のいつもの定番、『ロールパンセット』もきのこスープとセットでお願いして、家族みんなで美味しくいただきました。
こちらには革張りの素敵な椅子が並べられているのですが、それをそのまま小さくしたみたいな子ども用の椅子があることを最近、知りました。
ウチの子もその椅子に座らせてもらってご満悦。
ほんの30分くらいしかいなかったのだけど、すっかりゆったりいい気分にさせていただきました。
イノダコーヒーはやっぱり偉大だなぁ。
[PR]
by ayats29 | 2008-01-21 15:51 | おいしいもの

f0073974_819495.jpg

木曜日、京都は雪が降りしきってとっても寒かったです。
我が家から見える五重塔も寒そうー。
でも子どもは雪が降ると嬉しいんですよね。
私も子どもの頃、大雪が降ってるのを見て「大変だー!」という大人たちが不思議でたまりませんでした。
「楽しいのにどーして?」て思ってたんです。
雪かきは楽しくなかったけど、雪が積もった田んぼを歩いたり雪合戦するのは楽しかった。

日曜日はまた雪が降るみたいです。
大変だぁ!
[PR]
by ayats29 | 2008-01-19 08:26 | 京都

めだまやきパン

f0073974_1253422.jpg
f0073974_12541080.jpg

東京に住んでいた頃、ちょっとパン屋さんやパン作りに興味を持ちました。
ちょっとパンを作ってみたり、パン焼器を買ったり、東京のパンやさん案内本を買ってパンやさんを探してみたりしました。
でも東京って広いんですよねー。
広い東京をてくてく歩いてパンやさんを探し出して、パンを買って、またてくてく歩いて公園とか家とかで食べてみて・・・。
楽しかったけど、とにかく東京は私には広すぎたー。
雑誌片手に出かけるにも広すぎて、田舎ものの私は地下鉄乗り換えだけで疲れちゃった。
車を持ってなかったせいもあるかもしれないけど、自転車で周れる距離ではお気に入りのお店をあんまり見つけられなかった。
だからパンやさん巡りも2店くらいで終わっちゃいました。

でも京都に来て、この広すぎず狭すぎない感じが心地よいです。
最初に入った美容院の美容師さんに「京都ってまぁまぁ田舎でまぁまぁ都会だから住みやすいですよ」て言われたのだけど、そのとおり!
車を持ったこともあって、車、自転車、徒歩などなどでいろいろと出歩く生活が始まったわけです。

パンやさん巡りもよくしています。
最近行ったのは天然酵母の『こせちゃ』、チーズ系パンが豊富な『サラムーン』、バケットの概念を覆された『プレドール』。道が狭くて車は停められなかったので外から見ただけだったのは『キートス』、『天狗堂』。でも食べてみないと、ね。
よく買い物するパン屋さんはくるみパンがおいしい『柳月堂』や何でもおいしい『hohoemi』。たまに『TOCOHA』、『ボンボランテ』にも。週末夜に保育園で会議があるときは『ル・プチメック』のお惣菜パンを買います。
最近、トースト用の食パンとして好きなのは『汎洛』。
先日も汎洛の食パンの真ん中をコップで丸くくりぬいて、卵を落として『目玉焼きパン』を作りました。底にベーコンをしいて『ベーコンエッグ・パン』にしたのも美味しいです~。
くりぬいたあとの丸い部分はチーズとかハムをサンドして『○サンド』にしました。

次はどこのパン屋さんにいこうかな~?
[PR]
by ayats29 | 2008-01-17 13:17 | おいしいもの

和菓子つづきの松の内

f0073974_821016.jpg
f0073974_824332.jpgf0073974_833585.jpg









f0073974_83962.jpg

上 白いお皿にのったお菓子・・・
(左上から)空の華・子の夢(以上 とらや)・酒饅頭(幸楽屋)・好文花(とらや)・若松(幸楽屋)、
下 塗り盆にのったお菓子・・・
(左から)相生きんとん・鶴梅・初日(以上 塩芳軒)




f0073974_841591.jpg
f0073974_845081.jpg









f0073974_851335.jpg

左:雪餅(平安殿)、右:初夢(平安殿)


f0073974_855628.jpgf0073974_861279.jpg
左:松の上に雪キントン(末富)、
右:花びら餅(末富)












2日にいろんな和菓子をいただいて以降、いつになくたくさんの和菓子をいただきました。
昨日、15日までは『松の内』ということで、最後に末富でお菓子を買いました。
末富では白玉粉もあったのでそちらも。
もともと和菓子好きだけど、こんなに短期間にいただいたのはさすがに初めて。
どれもとてもおいしかった。
とらやによると、和菓子は五感で楽しむものだそうです。
一.目で見てたのしむ
二.菓銘を耳で聴いてたのしむ
三.香りをたのしむ
四.菓子を切った断面を見てたのしむ
五.味をたのしむ

なるほど~。
私は一.四.五.くらいしかしてませんでした。
菓銘を聴くのは好きでしたが味を楽しむのと同等くらいまでは思ってませんでした。
そう思うと『とらや』の菓銘はどれも凝っていますね。
甘い甘い和菓子、コーヒーに合うということも分かりました。
味噌餡の花びら餅は紅茶によく合いました。
香りの強い紅茶と特に相性がよいみたいで、クセのある味噌味とクセのある香りがうまく合わさりました。
たくさんいただいてみて、そのお値段の違いにもびっくり。
高いものでは630円もしちゃいます!
でも、幸楽屋さんはとても良心的でどの生菓子も160円くらいでした。
それでいてとてもおいしい!
きんとんはこちらのものが一番好きでした。水分が多くて瑞々しかったです。
塩芳軒の『初日』は周りに少し葛がかかっていてとんでもない美味しさでした。
でも一番好きだったのは・・・。
幸楽屋に続いてお手ごろな平安殿の『雪餅』でした~。
周りのきんとんが『つくね芋』でできていて、中の餡も黄身餡でとてもコクがあったのです。
小さなお餅も入っています。
でも『雪餅』って平安殿だけで作られているものでもないみたいです。
ほかのお店の『雪餅』も味わってみたいなぁ。
ひとまず、松の内も過ぎたので和菓子三昧はちょっとペースダウンします~。
・・・今日は短く書こうと思ってたのにまた長文・・・。
f0073974_862874.jpg

[PR]
by ayats29 | 2008-01-16 08:09 | おいしいもの

金沢からの贈り物

f0073974_7552255.jpg
f0073974_7554311.jpg
f0073974_7561081.jpgf0073974_7563335.jpg










f0073974_7565115.jpgf0073974_7571420.jpg










先日、スターフェリシモ2期生のTOKOさん、ことみわとしこさんから贈り物が届きました。
そこには金沢のお正月菓子、『久寿玉』が!!
さらにさらに、クラフト作家であるTOKOさん作の『雪天使』と手づくり林檎ジャムが・・・!
『雪天使』はフィンランド語で『ルミエンケリ』というそうです。
その説明、TOKOさんのブログから引用させていただきます。

****************
ルミエンケリとはフィンランド語で「雪天使」
でも、なぜにこんな絵??と思われている方もいるでしょう・・・
実はこの雪天使、人がつくって現れるものなのです
雪の上に寝そべって手と足を水平に動かすんです。
すると
絵のようなルミエンケリが現れるんです。
雪の日みなさんもトライしてみてください。
****************

素敵ですね~。
それをこんな可愛い木の人形に仕立てるTOKOさんも素敵です。
金沢も私が小さかった頃には大雪が降ったので『雪のベッド』に背中からどーんっ!と倒れこんで遊んだものです。
そこで手足を動かせばこんな形になるんですね。

TOKOさんが贈ってくれた林檎ジャムにはTOKOさんイラストのシールが貼られていました。
絵が上手いって本当にすごいことですね。
かわいい~。
もちろんお味もおいしかった!

そしてもうひとつ、金沢のお正月菓子を贈ってくださいました。
この『久寿玉(くすだま)』というお菓子、私は今回はじめて知りました。
このお菓子を作った『諸江屋』の『福徳(ふっとこ・ふっとく)』とか『辻占(つじうら)』というお正月菓子はしっかり私も用意していたのですが、久寿玉は初めて。
中には諸江屋自慢のお菓子がたくさん入っていました。
おまけとして付いてた『金沢双六』もおもしろかったー。
この連休、家族で楽しませていただきました。

連休中はもうひとつ、『辻占』も楽しみました。
昨年は『ガレット・デ・ロワ』を楽しんだのだけど、今年はお年始からずーっと和菓子つづきです。
『福徳』は3日に楽しで、辻占はぎりぎり『松の内』の間に遊ぶことができました。
『福徳』は縁起の良い『俵』や『打ち出の小槌』形の最中に土人形やお砂糖菓子『金花糖(きんかとう)』が入ったものです。
これまでにもお酒を入れる瓢箪とか将棋の駒が出てきました。
今回はえべっさんや神様の金花糖と太鼓持ち?と銀色の鏡餅が出てきました。
周りの最中は味がしないのでお麩代わりにすき焼きに入れたらもちっもちして美味しかったです。
そして『辻占』はウチの実家でも昔からお正月に遊んでたお菓子です。
こちらも味のしない最中に薄紙が入ってます。
その紙になにか絵とか文が書いてあるんだけど・・・、これが意味不明のものが多い!
昔はそういうところが苦手だったけど、今はそういう意味不明なのを解読するのがおもしろいです。
今までひいたもので一番印象に残ってるのは徳利の絵とともに『よわせてききたいことがある』と書かれたもの。
色っぽい~。
家族でひとつずつひいてみました。
その中のひとつ『こしぬけるほど』。
はっきりとは意味がわかんないけど・・・、今年は腰ぬけるほどいいことがあるのかな!?

TOKOさんからの贈り物もあり、楽しい連休でした。
[PR]
by ayats29 | 2008-01-15 08:27 | おいしいもの

京都 市バスあそび ~祇園*進々堂*Honey Ant*vesna!~

f0073974_937543.jpg

昨日の京都、ときどき霰(あられ)や霙(みぞれ)、雨が降る寒~い一日でした。
でも「あったかいかな?」と勘違いして、私と子どもたちはバスで出かけちゃいました。
車で移動することが多いわが家ですが「たまにはバスで出かけよう!」と思ったのです。
子どもたちもなんだかバスに乗るのが大好きです。
「どうせなら」と、一日のうちなら何度でもバスに乗れる『一日乗車券』を購入。

まずはバスで祇園まで。
いつもは歩いていくところまで乗るのもおもしろいものです。
でもバスを降りた瞬間、霰が降り始めました・・・!
子どもたちはフード付きのコートを着ててよかった・・・。
私が行きたい着物やさんに付き合ってもらったあと、『切り通し 進々堂』へ行きました!
f0073974_9304047.jpg

f0073974_931123.jpgf0073974_9312889.jpgf0073974_932570.jpg












この『切り通し 進々堂』、何度行ってもなかなか入ることができなかったんです。
定休日だったり、定休日じゃないけどお休みだったり、開いてるけど「今日はいろいろ注文が入ってるんで店はしてませんわ」って言われたり、開いてるけど「今日はケーキしかありませんわ」って言われたり・・・。
そして昨日は無事、入ることができました~!
一度だけテイクアウトできたときにも思いましたが、どうも、こちらのおじちゃんおばちゃんは子ども好きみたい。
とってもよくしてくれました。
子どもたちはゼリー、私はお目当ての卵トーストと苺ジュースをお願いしました。
おいしかった~。
特に、水とか混ぜ物を一切いれずに作る苺ジュースは苺そのものを食べてるみたいな美味しさ!
・・・といっても、もちろん子どもたちがほしがるので私は三滴くらいしか飲んでませんが・・・。

進々堂でほっこり大満足のあと、行くあてもないので「来たバスにのろうか?」とプチ・ミステリーツアーを敢行!
『西大路』方面に行くバスが来たので乗ってみました。
四条通りの繁華街に人が溢れてる様子を見たり「あ、ここに壬生寺があるのか」とか分かったりしておもしろかった。
西大路通りといえば、いつもお世話になってるVesna!さんの近くを走る通り。
「よし!Vesna!さんまで行って帰ろう」ということに。
でも長い道のり、いつの間にか私はウトウト・・・。
子どもたちはボーッ。
気がつくと直進すると思っていたところでバスが右折してしまいました。
慌てて下車!
Vesna!さんまではまだバス停2つ分くらいあります。
「もう一回バス、乗ろうか?」と言ってみたら子どもたちは「もういやー」とのこと。
ありゃりゃ。30分くらい乗ってたからもう飽きたかな?
では、ということでちょっと歩くところにあるHoney Antさんへ!
f0073974_9323194.jpg
f0073974_942993.jpg








Honey Antさんには可愛い絵本がたくさんありました。
たまたまお客さんがあまりいない時間だったので、絵本を読んでのーんびりさせてもらいました。
二人分に分けてもらった『本日のスープ 人参のポタージュ・ひよこ豆入り』も美味しくてあったかかった~。
でも外を見ると・・・。雪が降ってますっ!
わが家のある東山区よりも北区はやっぱり寒いみたいです。
のーんびりしてから、少し雪が降る中をVesna!さんまで歩きました。

子どもたちはいろんな方からいただいたお年玉で好きなものを買うことに。
まず決まったのは輸入チョコレート。
下のコはVesna!さんにお邪魔するといつも買っちゃいます。
そして上のコは白木の可愛い振り子のおもちゃを。
振り子を振るとくまさんが太鼓を叩き、うさぎがリズムを取るんですっ。
可愛い~。
下のコはなぜかチェブラーシカのお人形を二つ!
「何で二つなの~?」と言ってもとにかくふたつ!とのこと。
自分のお年玉なんだからいっかー。

Vesna!さんの目の前にあるバス停からバスに乗り、御所で乗り換えて無事に帰宅することができました。
帰宅後、下のコはチェブラーシカを持ってるお人形と一緒に木箱にしまいました。
ちなみにこの木箱、もともと梅干が入ってたものです。
一日別行動だった旦那さんがVesna!さんのシールをフタに貼ってくれました。
下のコ、キティの小さな缶を机に見立てて「みーんなでごはん食べてるの」とのことでした。

予定よりも長い『バスの旅』になりましたが、たまにはこんなのも楽しいものです。
f0073974_9333568.jpgf0073974_9335579.jpg
[PR]
by ayats29 | 2008-01-14 09:45 | 日々のこと