<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

こうさくのたね

f0073974_3323679.jpg

今日、素敵な冊子が届きました。
「こうさくのたね」。
造形作家の丸林佐和子さんが作られた本です。
工作キットともいえるこの本。
丸林さんのこの本に対する情熱を読んで、とても欲しくなって、子ども達の分を注文しました。
届いて開けて、子ども達はすぐに「赤ずきんちゃんの着せ替え」づくり!
そして切り紙も夜中まで愉しんでしまいました。
実は「紙もの」が苦手な私。
子ども向け雑誌の付録もちょっと複雑そうなものはすべて「お父さんに作ってもらってね」と言ってきました。
今回、「こうさくのたね」を購入したのは、そんな、私自身の「苦手意識」も克服できるかなー、という淡い期待もあってのこと・・・。
と、さっそく、なんだか少し自信がつきました。
「赤ずきんちゃん着せ替え」をラインに沿って切ること。
子ども達には少し難しかったようで、私に切ってほしい、といわれました。
「う。。きれいに切れるかな・・・?」と思いながらやってみると、意外と上手じゃないですか!
「お。おかあさん、意外と上手だね?」と自分で子ども達に確認しつつ、スルスルと手が動きました。
ちょっとしたことなのだけど、なんだか自信になりました。
・・・子ども達もこうやって、毎日「不安」と「自信」を行ったり来たりしているのだろうな、ということまで感じることができました。
丸林さん、素敵な本を作ってくださってありがとうございます!
[PR]
by ayats29 | 2010-02-21 04:26 | 日々のこと

最近のいろいろ

f0073974_612870.jpg

なんと、節分前に書いてから日記を書けてませんでした・・・。
最近の私は・・・、寝てません!(笑)
でも楽しいイベントは外してません~。

節分祭はもちろん、子ども達と楽しみました。
いつもよりたくさん「買い食い」しちゃいました。
屋台でラーメンとから揚げを食べるのはやめよう、と思いました(普通のおいしさで高いんだもんー)。
でも周りの人々はとーっても楽しそうで、そんな中で食べることがいいのかな。
私にとって夜店の王道、「たこ焼き」はやっぱり今年もおいしかったです。
だるまみくじもひきました。
福豆も授与していただきました。

そして、下のコのお誕生会もしました!
たくさんのお友だちやお母さん達が遊びに来てくれて、楽しかった。
「プレゼントはなんにもいらないからね」とお話していたら、
子どもちゃんが描いた絵やカード、工作やおばあちゃんがされているプチ盆栽、花束などをいただきました。
とっても素敵な贈りもの!
うちのコもとても幸せそうでした。
私の心も温まりました。

画像はその、下のコが包んだ「いよかん」。
先日参加した神戸のイベント主催者のMさんがたっぷり二箱もくださいました。
これからお菓子やジャムに変身するのですが、
そのいよかんを下のコがせっせと丁寧に紙でくるんでくれました。
出来あがりをみて、すばらしい「贈答品」になっていてびっくり!
さっそくスタッフのお土産にあげました。
スタッフ、「こんなの可愛くて食べられへん~」
と何度も言ってくれて娘ちゃんも誇らしげ。

節分の神さまにも、素敵な人々にも、幸せをたくさんいただいている毎日です。
[PR]
by ayats29 | 2010-02-13 06:10 | 日々のこと

節分まぢか

f0073974_0393856.jpg

f0073974_0395210.jpgf0073974_040910.jpg








京都では1月10日のえべっさんが終わると、2月3日の節分へ気持ちが向かっていくように思います。
今年もこの迫力あるポスターをあちらこちらで見ました。
これがフツーに保育園に貼られていたりします。
小さいころからこの鬼たちを見て「悪いことしたら鬼がくるで!」と言われて育ったら、悪いことをしなくなる、かも。
節分の行事をする神社も多くて、荒神橋(こうじんばし)には近くの神社、清荒神の赤い旗がたくさん立ってびっくり。
西の方では閻魔堂(えんまどう)へお参りする人が多いみたいですね。
それにしても、「荒神」とか「閻魔」とか、普通に地名として見かけるのが京都らしいですね。
そんななか、拍子抜けするくらい普通の名前の「吉田神社」にも節分に向けて、数日前から提灯が鳥居に取り付けられました。
みなさん、準備万端ですね!
今年も熊野神社で八橋の接待を受けさせてもらって、吉田神社に行こうかなー。
京都に来たばかりのころは、節分が一大イベントの京都にびっくりしてましたが、いまではこの季節はウキウキです。
[PR]
by ayats29 | 2010-02-01 00:40 | 京都

柚子の里、水尾へ!

f0073974_2335299.jpg
f0073974_234994.jpg

先日、水尾へ行ってきました。
水尾は柚子の産地として有名です。
香りが全然違うといいます。
私は昨秋から「京野菜ジャム」を作っているので、この季節はぜひ水尾の柚子をジャムにしたいと思ってきました。
でもなぜか、なかなか水尾の柚子を目にすることができなくて・・・。
「いっそ、行こう!」ということで、家族で出かけたのでした。

水尾では柚子風呂と鶏の水炊きを楽しめるお家が何軒かある、と知っていたのですが今回は柚子だけを目的にすることに。
「嵐山を少し山に入ったところみたいだね」とか言っていたのですが・・・。
とんでもない山道を越えた山の中に水尾はありました!
いやぁ・・・。びっくりしました・・・。
行きも帰りも私が運転したのですが・・・。
細くて急な上り坂があったかと思ったら、細くて急な下り坂もあり、くねりくねりと曲がりくねっていたり。
そして杉などの木々に太陽光が阻まれて「昼なお暗い」・・・。
久しぶりにドキドキしました。
山に入ってすぐは「わー!すごいー!!」と言っていた子ども達も「め、めいろみたいやね・・・。」とちょっとドキドキした様子。
でも「こわい」と思うと怖い気持ちは増すばかりなので、「おもしろいー!」と思うことに。
ぐるんぐるんと山道を登ると遥か眼下に保津川が見えてびっくり!
綺麗でした。
そしてぐるんぐるんと山道を下ると、さっきはずっと下に見えた保津川が目の前に見えて、これまたびっくり。
いやぁ~。すごい高低差だなぁ。
でも私たちが車で走った道は愛宕山への登山道になっているようでした。
たまに登山中の方やスーパーの袋をぶら下げて歩いてる人やジョギング中の人にも出会い、「慣れてる人にとってはなんでもない道なのかなあ・・・」と可笑しくなりました。

そんなこんなのハラハラドキドキ山道ドライブを40分ほど楽しんだら、水尾に到着です!
柚子の木があちらこちらに!
でも着いた時間が夕方だったからか、柚子を販売するお店は閉店・・・。
大変な想いをしてたどり着いたので、絶対に柚子を手にしなくてはっ。
一軒の柚子風呂やさんで柚子や柚子ジャム、柚子味噌などを販売してくれると分かり、無事、水尾の柚子にご対面できました。
とっても大きくて立派な柚子!
行った甲斐がありました。よかった~。
このお店では、柚子風呂と水炊きをたのしんで帰路に着く団体さんに会いました。
登山靴を履いたみなさん、暖かいお風呂とおいしい水炊きに大満足の様子でとっても羨ましかったです。
保津峡駅から水尾までの送迎バスがあるようなので、今度は電車で行こうかな。
保津川下りもできるといいかも。

京都市内から水尾に向かう途中、「明智越え」という道標があったので気になっていたら、明智光秀が愛宕山へ行くために整備した道なのだそうです。
明智光秀が本能寺の変の直前に愛宕山の愛宕神社に参詣し、必勝祈願をした際にも通った道だとか。
本能寺の変では明智越えにも陣が構えられたのだそうです。
本能寺・・・。
四条烏丸の近くにあったらしい本能寺。
車でも1時間近くかかるところまで山から馬や徒歩で下りてきて戦ったのですね・・・。
すごい・・・。

そして、柚子を求めて出掛け、本能寺の変のことまで想うことになるとは・・・。
京都ってやっぱりすごい!
[PR]
by ayats29 | 2010-02-01 00:11 | 京都